タクシー運転手の実務

JPN TAXIのメリット、デメリット(ドライバー目線)

投稿日:2020年5月11日 更新日:

(このページは2020.6.10に更新されました)

今日はJPN TAXIをドライバー側から見てそのメリット、デメリットについてレビューを載せさせて頂きます。

デメリットを載せたあと、その対処法についても解説していきますので参考にしてみてください。

JPN TAXIのメリット

JPN TAXIのデメリット

この記事の投稿者について

こんにちは、このブログを運営しております、しょうたと申します。

タクシードライバー歴は4年で、今年に入り念願の黒タクに。

乗っているタクシーの車種は、主にJPN TAXIで、たまにクラウン スーパーデラックスにも乗っています。

JPN TAXIとクラウン両方に乗っていて、それぞれの車種の特徴が分っているため、今回JPN TAXIのレビューを載せることにしました。

まだJPN TAXIに乗っていなくて、これから乗る予定のドライバーの方にはJPN TAXIの注意点も書いているため、参考にして頂けると思います。

ドライバーにとってのメリット

・流しをしていると、お客様の手が挙がりやすい

JPN TAXIを好まれるお客さまが多く、JPN TAXIを選んで乗って頂けるお客さまがたくさんいらっしゃいます。

実際にJPN TAXIに乗り始めた当初、クラウンで流しているときに比べて乗車が増えていることを感じました。

乗車が増えることは、営収アップにつながるためありがたいですね。

懸念としては今後JPN TAXIの普及が更に進んでくると、このようなJPN TAXIの希少性によるドライバーの恩恵は減ってしまうと予想できます。

なので、このような状況になってもお客様が減らないように、日々営業の技術を磨いていかなければなりません。

・運転がし易い

JPN TAXIを運転していてまず最初に感じることは、ハンドルの軽さ

そしてアクセルを踏んだときのレスポンスが良く、スムーズに力強く加速します。

このためクラウンコンフォートに比べて長時間運転していて疲れにくいかと。

従来のクラウンコンフォートはハンドルが重いため、手を痛めてしまいシップ薬を貼りながら営業をしていたこともしばしばありました。

また人によりますが、JPN TAXIの運転席のクッションが固めなので、お尻が沈み込まず腰が痛くなりにくいと私は感じます。

人によってどのタイプのクッションが体に合うか分かれますが、私の場合はJPN TAXIで乗務しているほうが腰が痛くなりにくいです。

もしも現在クラウンコンフォートのシートが体に合わないと感じておられるドライバーの方がいらっしゃいましたら、一度営業所にJPN TAXIでの乗務を希望してみてください。

・お客様に喜んで頂ける

JPN TAXIに変わった当初、乗ってこられるお客さまの反応の良さに驚きました。

特に車内の広さについて喜ばれるお客様が多いです。

「JPN TAXIが通るのを待っていたんだ!」と言われているお客さまもたまにいます。

お客さまが上機嫌だと、会話がしやすく車内の雰囲気が明るくなりますね。

ドライバーにとってのデメリット

・Uターンがし難い

JPN TAXIはクラウンコンフォートに比べて、最小回転半径が大きく、Uターンがしにくいです。

クラウンコンフォートのときは切り返しなしでUターンができていた所でも、切り返しが必要になる場合が。

タクシーはどうしてもUターンが必要な場合があるため、実車中などでUターンが必要な場合は慎重に行う必要があります。

私が実際にUターンするときに意識していることは次のとおりですね。

  • 歩道と歩道の切れ目などを使い、そこに頭がくるようにUターンする
  • Uターンする軌跡をイメージする
  • 最初からめいいっぱいハンドルを切る
  • 切り返しが必要な場合は、対向車が確実に来ないタイミングをねらう

・バンパーの位置が低く下を擦りやすい

JPN TAXIはクラウンコンフォートに比べて、前バンパーの位置が低く下を擦り易いため要注意。

なので歩道に乗り上げるときなどに注意が必要です。

また急な坂道への登り始めや降り終わるときに下を擦る恐れがあります。

このような時にはスピードを極力ゆっくりにすることで回避することもできますが、そもそも目の前の坂が上り下り可能かどうか判断が必要です。

総合的には

JPN TAXIは、お客様の反応の良さや、体への負担が少ないことなど受ける恩恵は大きいです。

長年クラウンコンフォートで乗務されているドライバーのなかには、JPN TAXIよりもクラウンコンフォートのほうが良いと言われている方もいらっしゃいます。

私自身も以前はずっとクラウンコンフォートに乗っていたため、JPN TAXI乗るようになる前は不安を感じていました。

ですが今は、JPN TAXIに慣れてしまいこちらのほうで営業する方が嬉しいです。

好き嫌いはあるので一概に言うことはできませんが、上述のように様々な面でJPN TAXIのメリットは大きいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-タクシー運転手の実務

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タクシー運転手が雨の日に営収を上げる方法

(このページは2021.2.15に更新されました) タクシー新人の○○さん 「雨の日は近いお客さまばかりで営収が上がらないよ」 「無線で遠くに飛ばされるのがつらい!」 「雨の日の営業で、営収を上げる方 …

現役タクシードライバーが推奨、お客さまを乗り物酔いさせないブレーキ法とは?

(このページは、2020.6.29に更新されました。) 「どうしても、信号で止まるときにギクシャクしてしまう。」 「接客以外でも、お客さまに満足してもらえることはできないかな?」 「酔っぱらって乗って …

タクシー運転手がコロナ不況で営収を上げる方法

(このページは2020.7.22に更新されました。) 「コロナ自粛後から売り上げが全然上がらないよ。。」 「コロナでお客さんが減ってしまって、もうどうやって売り上げを上げればいいか分からない」 「コロ …

タクシー運転手が、地理が分からないエリアでお客様をお乗せしたときの対処法

(このページは、2020.6.21に更新されました。) 「地理が分からない場所で、お客さまが乗ってきたらどうしよう…」 「お客さまに怒られるとイヤだから、地理が分からないエリアでは回送で走ろう」 「地 …

タクシー運転手、苦情を出さない営業法とは?

(このページは2020.8.2に更新されました。) 「お客さんから苦情をもらうことが辛いなぁ」 「お客さんから苦情をもらうことがたまにある」 「苦情を出さないようにする方法はあるのかな?」 目次1 こ …