タクシー転職のノウハウ

サラリーマンの転職先としてタクシードライバーはアリ?

投稿日:2021年10月30日 更新日:

(この記事は、2021.11.2に公開されました。)

タクシー業界へ転職を考えている人
タクシー業界へ転職を考えている人

「サラリーマンの転職先として、タクシードライバーはアリなのかな?」
「サラリーマンからタクシードライバーに転職するとき、どんなハードルがある?」



この記事では、上記のようなお悩みを解決していきます。



✔️ この記事を読むと分かること

  • サラリーマンの転職先として、タクシードライバーはアリかどうか
  • サラリーマンからタクシードライバーへ転職するメリットとデメリット



✔️ この記事の信頼性

この記事を書いているわたしは、タクシー歴5年の現役ドライバーです。

タクシードライバーをやる前は、大手アパレル会社に勤めていました。

わたし自身の転職体験をもとに、サラリーマンからタクシードライバーへの転職がアリかどうかを解説しています。



結論から言うと、サラリーマンの転職先としてタクシードライバーはアリです。

ただし、タクシードライバーへの転職は、メリットとデメリットがあります。

転職するデメリットよりもメリットが大きく感じられるかたなら、タクシードライバーへの転職を考えてもいいかと。

詳しくは、本文で解説しています。



現役ドライバーであるわたしが、失敗しないための転職方法について解説しています。

>>未経験からタクシードライバーへ転職する方法。現役ドライバーが解説

サラリーマンの転職先としてタクシードライバーはアリ?

結論からいうと、サラリーマンの転職先としてタクシードライバーはアリです。

わたしはタクシードライバーを5年間やっていますが、この仕事にはメリットとデメリットがあると感じています。

メリットとデメリットを知ったうえで、メリットのほうが大きいと感じる人は、タクシードライバーへの転職はアリかと。

これから、サラリーマンからタクシードライバーへ転職するメリットとデメリットをご紹介します。

転職するかどうか判断の参考になれば幸いです。

メリット

わたしは、大手アパレルからタクシードライバーへ転職しましたが、タクシーの仕事には他の職業にはないメリットがあると感じました。

そこで、サラリーマンからタクシードライバーへ転職するメリットを挙げてみます。

  • 仕事でプレッシャーを感じることが少ない
  • 職場の人間関係が少ない
  • 休日の予定がたてやすい
  • サービス残業がない



しょうた
しょうた

この4つのメリットについて、これから解説していきます。

仕事でプレッシャーを感じることが少ない

サラリーマン時代に、わたしが感じていたプレッシャーは次のようなものです。

  • 売上
  • チームをまとめる
  • 作業の進捗
  • 自信の成長


タクシードライバーに転職して、上記のプレッシャーを感じることはほとんどなくなりました。

理由の一つとして、タクシードライバーの給料は歩合制が基本であることが挙げれます。

歩合制とは、売上に応じた給料がもらえる給料制です。ドライバーは、売上に対して自身の給料というかたちで責任を負っています。

売上げが少ないと給料は減りますが、「なんで売上げがすくないの?」と上司から詰められることは、まずありません。

タクシー会社によっては、多少のプレッシャーをかけられるとことがあるようですが、サラリーマンよりは少ないでしょう。

サラリーマンを経験した人からすると、タクシードライバーは気楽に感じるはずです。

職場の人間関係が少ない

わたしはタクシードライバーに転職して、職場の不毛な人間関係で悩むことがなくなりました。

タクシードライバーは、勤務時間のほとんどひとりで走り回ってます。

会社にいる時間は少なく、出庫する前後の1〜2時間程度です。

上司やドライバー仲間と話しはしますが、「今日乗ってきたお客さんが○○まで行ったよー」みたいな感じで、込み入った話はほとんどしません。

タクシードライバーは、ドライバーの仕事を真面目にやって挨拶さえできれば、周りから言われることはまずないかと。

サラリーマン時代と比較すると、人間関係はとても楽になりました。

休日の予定がたてやすい

タクシードライバーは、休日の予定がたてやすいです。

タクシードライバーはシフト制で働きますが、1ヶ月ごとにシフトが組まれることが多いかと。

サラリーマンにありがちな、直前で予定が変わったり、休日出勤はほとんどありません。

タクシードライバーは、基本的に個人プレイの仕事なので、他の従業員との絡みで有給が出しにくいなんてことは少ないわけですね。

まえもって休日の予定が立てやすいことは、タクシードライバーのメリットです。

サービス残業がない

タクシードライバーには、サービス残業がありません。

タクシードライバーの給料は歩合制が基本なので、月給や年俸制で働くサラリーマンと違って、そもそもサービス残業は存在しえないからです。

タクシードライバーは、お客さまを乗せて走り料金を頂いて売上が発生します。

勤務時間から給料が計算されるサラリーマンとは違って、サービス残業という概念がありません。

アパレル時代は、サービス残業があり働いて貰えるはずの給料がもらえずに苦痛でした。タクシードライバーになってこの悩みから解放されました。

デメリット

サラリーマンがタクシードライバーに転職するときのデメリットは、つぎのとおりです。

  • 給料が安定しにくい
  • 事故や免停で職を失うリスクがある
  • 他業種への転職が難しくなる


しょうた
しょうた

これからこの3つについて解説していきます。

給料が安定しにくい

タクシードライバーの給料は、景気や不景気に影響されやすく、安定しにくいです。

タクシードライバーの給料は、歩合制が基本になっているからです。

売上が伸びればその分給料が増えますが、反対に売上げが下がれば給料が減ってしまいます。

月給制や年俸制のサラリーマンと違い、給料が変動するため、住宅など高額なローンを組むとなると少し覚悟がいるかもしれません。

タクシードライバーへの転職を考えているかたは、給料に変動があることを見越したうえで決めたほうがよいですね。

事故や免停で職を失うリスクがある

タクシードライバーは、大きい事故を起こしたり免停になったりすると、仕事を続けられなくなることがあります。



事故や免停で職を失うリスクについて、もう少し掘り下げて解説していきます。

事故について

事故を起こしたときに、会社を辞めさせられるケースは少ないですが、つぎの2つの場合は退職に繋がることがあります。

  • 過失と損害が大きい事故
  • 短期間に事故を繰り返す



特に新人のあいだは事故を起こしやすいです。事故の原因と対策をしっかり考えて繰り返さないようにすれば、辞めさせられることはありません。

また、ドライバー自身が事故で重い障害を負い、タクシーを続けられなくなったという話も聞いたことがあります。


免停について

タクシードライバーは2種免許が必要な仕事です。

したがって、違反して免停になると免許停止期間(30〜180日)は、タクシーの仕事ができません。

サラリーマンなら免停になったとしても、自動車通勤ができなくなっても働くことはできますよね。タクシードライバーは免停期間、タクシーでの収入がなくなってしまうのです。

他業種への転職が難しくなる

タクシードライバーを続けていると、身につくスキルが偏っているため、他業種への転職が難しくなります。

タクシードライバーの仕事を続けて得られるのは、運転と地理のスキルです。

ドライバー以外の業種に転職しようとするとき、運転以外にアピールできるものがないと内定をとることは難しいでしょう。

実際にわたしの周りでは、タクシードライバーから他業種へ転職した方は稀です。

別のタクシー会社へ転職した人は、比較的多いですが。

サラリーマンからタクシードライバーへの転職をお考えのかたは、タクシードライバーに向いてるか判断することと、続けていく覚悟が必要ですね。


※関連記事

>>タクシー転職で後悔している6つのこと【現役ドライバーの実体験】

タクシードライバーに向いている人

現役タクシードライバーのわたしが考える、この仕事に向いている人は、次の3つのタイプの人です。

絶対的な基準ではありませんが、5年間ドライバーをやっていてわたしが感じていることを挙げさせていただきます。

  • 運転が好きな人
  • 接客が好きな人
  • 他人の役に立てることに喜びを感じる人


しょうた
しょうた

これからこの3つのタイプの人について解説していきます。

運転が好きな人

運転が好きな人は、タクシードライバーの仕事に馴染みやすく向いています

理由としては、タクシードライバーの仕事は運転することが基本だからです。

タクシードライバーの仕事は、大きく分けると、空車と実車があります。

空車のときは、お客さまに出会うために流します。

実車は、お客さまを目的地まで運ぶこと。

このように、タクシードライバーは運転することが基本なのです。しかも勤務時間は勤務形態によりますが10〜20時間と長い。

運転が好きな人なら、仕事への順応が早いため、この仕事に向いています。

接客が好きな人

接客が好きな人のほうが、お客さま対応が苦になり難く、タクシードライバーに向いています。

タクシードライバーは、多種多様なお客さまをお乗せする仕事です。

しかも、タクシーに乗ってこられるお客さまは初対面の場合が多いうえ、密室空間です。

接客が苦手な人は、お客さまに話しかけられること自体が苦痛でに感じることがあります。

お客さまとしても、接客が好きなドライバーほうが親しみを感じて好印象になりやすいですね。

接客が少しでも好きな人のほうが、タクシードライバーに向いています。

他人の役に立てることに喜びを感じる人

他人の役に立てることに喜びを感じる人は、タクシードライバーに向いています。

理由は、タクシーはお客さまの日常の足としてお役にたてる仕事だからです。

タクシードライバーの給料は歩合制が基本なので、コロナ渦など社会情勢によって収入が減ることがあります。

自身の売上以外に喜びが見出せない人だと、売上げが下がる時期はモチベーションが保てません。

お客さまの役に立って「ありがとう。助かったよ」と言われることに喜びを感じる人のほうが、この仕事には向いています。

転職で失敗しないために必要なこと

サラリーマンからタクシードライバーへの転職で必要なことは、3つあります。

  • タクシーでどれだけ稼ぎたいか明確にする
  • 自分に合った勤務形態を選ぶ
  • タクシー転職サイトを利用する



タクシードライバーへの転職で失敗しやすいのは、会社選びです。

何も調べずに、容易にタクシー会社を選んでしないと、あとから後悔することになりかねません。

上記の3つのポイントを押さえることで、転職で失敗するリスクを下げれます。

詳しく知りたいかたは、こちらの記事をご覧ください。

現役ドライバーのわたしが、自身の体験から失敗しないための転職方法について解説しています。

>>未経験からタクシードライバーへ転職する方法。現役ドライバーが解説

まとめ

サラリーマンからタクシードライバーへの転職はアリです。

このことは、大手アパレル会社からタクシードライバーへ転職したわたし自身の正直な考えなのですね。

とはいえ、サラリーマンからタクシードライバーに転職するとき、メリットとデメリットがあることを考えなくてはなりません。

サラリーマンからタクシードライバーへ転職するメリットは4つあります。

  • 仕事でプレッシャーを感じることが少ない
  • 職場の人間関係が少ない
  • 休日の予定がたてやすい
  • サービス残業がない



そして、タクシードライバーに転職するデメリットは3つです。

  • 給料が安定しにくい
  • 事故や免停で職を失うリスクがある
  • 他業種への転職が難しくなる



上記のメリットとデメリットを両方知ったうえで、メリットのほうが大きいと感じた方なら、タクシードライバーへの転職がアリだといえるでしょう。

デメリットで挙げていますが、タクシードライバーは潰しがきかない職業です。

別のタクシー会社への転職はし易いですが、他業種への転職は難しいものがあります。

タクシードライバーへの転職をお考えのかたは、この仕事に向いてるいるかもお考えください。

わたしが5年間タクシードライバーを続けてきて、この仕事に向いてると感じる人は次の3タイプです。

  • 運転が好きな人
  • 接客が好きな人
  • 他人の役に立てることに喜びを感じる人



絶対的な基準ではありませんが、参考にして頂けると幸いです。



未経験からタクシードライバーへの転職で失敗しないためのポイントは、こちらの記事で解説しています。

現役ドライバーのわたしが、失敗しないための転職方法を解説しています。

>>未経験からタクシードライバーへ転職する方法。現役ドライバーが解説

記事下

記事下

-タクシー転職のノウハウ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タクシーに転職するために、家族を説得する方法(すべて実体験です)

(この記事は、2020.9.20に公開されました) タクシーに転職を考えている人 「タクシー運転手に転職したいけど、どうやって家族を説得したらよいか悩んでいます…」 「タクシーに転職した人が、転職する …

タクシーへの転職を家族に反対されたときの対処法。わたしの実体験をもとに解説。

(この記事は、2021.1.3に更新されました。) タクシーに転職を考えている人「タクシーに転職したいけど、家族に反対されたらどうしよう…」 目次1 この記事を読むと分かること2 この記事の信頼性3 …

タクシードライバーに転職するのは難しい?転職経験者であるわたしが解説

(この記事は2021.7.23に公開されました。) タクシー業界へ転職を考えている人 タクシードライバーに転職するのって難しいかな? タクシードライバーへ転職するために必要なことが知りたい。 実際に転 …

【ドライバー体験談】タクシードライバーはブラックな仕事?

(この記事は、2021.11.28に公開されました。) タクシー業界へ転職を考えている人「タクシードライバーは、ブラックな仕事なの?」「転職で、ブラックなタクシー会社を避けるために必要なことは?」「実 …

タクシーへの転職を成功させるために必要な5つのこと

(この記事は2020.10.30に公開されました。) タクシーに転職を考えている人 「タクシーへの転職を成功させるためにはどうしたらいいのかな?」 目次1 この記事を読むと分かること2 この記事の信頼 …