働きかたと待遇

【実例あり】タクシードライバーの休憩のとり方を現役ドライバーが解説


タクシー業界に興味がある人

タクシードライバーってどうやって休憩をとってるのかな
勤務時間が長そうだけど、休憩時間はどのくらいあるのだろう?
実際にドライバーをやっている人に聞いてみたい


✔️ この記事を読むと分かること

  • タクシードライバーの休憩の取り方
  • 実際にドライバーをやっている人の実例



✔️ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)

この記事を書いているわたしは、タクシー歴6年の現役ドライバーです。

この記事は、タクシードライバーの休憩の取り方について、わたし自身の実例もご紹介しながら解説しています。



タクシードライバーは、乗務中はひとりで仕事しているため、基本的には好きなタイミングで休憩できます。

これからタクシードライバーの休憩時間や休憩場所などについて、詳しく解説していきます。



では、ここから本文です。

タクシードライバーの休憩の取り方


タクシードライバーは、基本的には乗務中自由に休憩をとることができます。

ただし、法律で休憩時間が決まっていたり、タクシー会社によっては独自のルールが決まっていたりすることがあります。

しょうた

これから、タクシードライバーの休憩のとり方を、わたし自身がどのように休憩をとっているか実例も紹介しながら解説していきますね。


休憩時間


タクシードライバーの休憩時間は、法律により定められています。

ドライバーが過労で事故を起こさないようにするためですね。

タクシードライバーはいくつかの勤務形態がありますが、勤務形態によって勤務時間や休憩時間が異なります。

勤務形態ごとの休憩時間をこれから解説していきます。

勤務形態によって休憩時間が異なる


タクシードライバーの勤務形態ごとの勤務時間と休憩時間は次のとおりです。

勤務形態勤務する時間帯勤務時間休憩時間
隔日勤務7~翌3時20時間3時間
夜勤18時~4時10時間1時間
昼勤7時~17時10時間1時間

※勤務時間は、タクシー会社やドライバーによって異なります。参考までにご覧ください。

わたしは、昼勤と夜勤をやっていますが、1回の休憩で法定時間の60分をとることはほとんどありません。

何回かに分けて合計で60分になるように休憩をとっています。

実例わたしの場合は、10分くらいの小休憩を2回、40分くらいの食事休憩を1回とるパターンが多いですね。

10分くらいの休憩をとるだけでも、疲れのとれかたは違うと感じています。



ちなみに、休日がどれだけあるかも勤務形態によって異なります。

勤務形態月間の休日数
隔日勤務17~19日
昼勤6~8日
夜勤6~8日


しょうた

隔日勤務で働くと、休日がたくさんあります。

タクシードライバーの休日の仕組みについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をごらんください。

>>タクシードライバーは連休がとりやすい!?休日の仕組みを徹底解説

休憩場所


休憩場所は、安全に停められて、法律に違反しない場所であれば、基本的にドライバーの判断で休憩できます。

ただし、パチンコ店に入ることは禁止されているタクシー会社が多いようです。

タクシードライバーのイメージが悪くならないようにするためでしょうか。

場所によっては、タクシーしか停めれないスペースがあり、このような場所はタクシーにとっては休憩しやすいです。

タクシードライバーは、それぞれお気に入りの休憩場所をもっていることが多いようですね。

実例わたし自身は、コンビニや公園で休憩をとることが多いです。

コンビニで休憩をとるときは、コンビニの人に悪い気がするため、ドリンクや食べ物など何かしら買い物するようにしています。


近隣住民から苦情が出た公園や、利用禁止になっているコンビニなどは、会社から通達がでますが、このような場所は避けるようにしています。



タクシードライバーに転職して失敗したくない方へ

ドライバーズワークは、あなたがタクシードライバーとして理想の生活を手に入れるためのサポートをしてくれます。



✔ ドライバーズワークの特徴

  • タクシー業界に特化した、業界最大級の転職エージェント
  • タクシー業界を熟知した専門アドバイザーが親身にキャリア相談にのってくれる
  • スマホ1台あれば、登録から最短2日で面接が可能
  • 面接のセッティングから履歴書の添削、面接対策、入社後のフォローまで徹底サポート


しょうた

要するに、タクシー業界はじめての方でもドライバーズワークに任せておけば、理想条件でタクシードライバーとしてスタートできるというわけ。


タクシードライバーになった後の未来

  • 人間関係で悩まなくていい
  • 仕事や上司からのプレッシャーから解放される
  • 残業しなくていい
  • 休日は好きなことを存分に楽しめる
  • 売上さえ伸ばせれば、即給料に反映


わたしはタクシードライバーになって、こんな生活を手に入れました。

他のタクシードライバーもこんな感じです。


タクシー運転手になるなら、コロナ渦の今がチャンスです。

なぜなら、コロナ後にタクシー運転手になろうとしても、求職者が殺到するから希望の企業に就職するのが難しくなるから。

長い目でみれば、今タクシードライバーになったほうが、理想の生活を送れる可能性が高いです。


保証給期間があるタクシー会社を選べば、その期間は売上関係なく給料はもらえます。

保証期間はタクシー会社によって違いますが、目安は3~12ヶ月。

詳しくは、下のリンクからご相談ください。

今すぐドライバーズワークを使う


ドライバーズワークは転職サポート数、業界NO.1の実績があります。

キャリア相談から転職のサポート、求人紹介までしてくれるのに、完全無料


しょうた

これだけしてくれるのに無料なんて、凄すぎです。




✔ ホームページにはいったら、やるべきこと

  • リンクから入ったページで、ステップ1~4へと進んでいく(1分でできる)
  • ドライバーズワークから電話がくる→電話相談できる日を返答する
  • 無料相談で、転職したい時期やどんな条件で働きたいかを伝える


ここまでやらないと意味ないです。

あとは、ドライバーズワークに任せればオッケーです。

休憩中やってること


わたしが休憩中にやっていることは、仮眠をとったり、食事をとったりしています。

スマホを見ることもありますが、きほんは体を休めることに重きを置いていますね。

特に隔日勤務は勤務時間が20時間前後と長いため、休憩中に仮眠をとることが必要になります。

タクシーの座席で眠れるのかと思う方がいるかもしれませんが、意外と眠れるようです。

わたし自身も、夜勤のときに仮眠をとることがありますが、10〜20分くらい眠るだけでスッキリすることが多いです。

わたしはあまりしませんが、公園などでドライバー同士が喋っているのもよく目にします。

休憩中、タバコや夜間の騒音などマナーを守らないと、近隣住民から苦情がくるため気をつけなければなりません。

実例たまに、ラーメン屋や牛丼店などで食事することもあります。

長距離のお客さまをご案内した後に、余韻にひたりながら食べるご当地グルメは最高です。


タクシードライバーにとって休憩は仕事のうち


タクシードライバーにとって休憩をとることは仕事のうちです。

適度な休憩は、体調を維持し安全運転を行うために必要だからです。

また、タクシードライバーの給料は歩合制なので、体調を壊して休んでしまうと、給料が減ってしまいます。

タクシードライバーを続けていくためには、無理をせず適度に休憩をとることが必要不可欠なのです。

効率よく休憩するためには?


効率よく休憩するためには、休憩場所に行くための移動時間をなるべく少なくすることが必要です。

回送にしていれば、移動途中にお客さまの手が上がってもお乗せすることはできませんが、この間は営業時間をロスすることになるからですね。

例えば、「港区で休憩するなら○○公園」というように、エリアごとにお気に入りの休憩場所を決めていれば、休憩したくなったときに探す必要がなく、ロス時間の短縮に繋がります。


効率よく休憩するために、休憩しやすい公園やコンビニなどを普段から把握しておくことが必要なのです。

休憩と売上の関係


タクシードライバーにとって、休憩と売上は切っても切れない関係があります。

休憩をとりすぎると、営業に使える時間が減ってしまいます。

例えば、休憩中に自宅へ戻って仮眠すること可能ですが、自宅へ帰る時間が1時間かかったとすると、それだけ営業に使える時間が減ることになので、自宅へ戻って休憩するドライバーは少ないのです。



とはいえ、休憩時間は売上を下げるだけのものではありません。

適当な休憩は、集中力を保ち、うまくお客さまをゲットすることに繋がります。



仕事の流れが悪く空車の時間が続くときには、流れを変えるためにあえて休憩をとることもあります。

このように売上と休憩は、タクシードライバーにとって切っても切れない関係にあるのです。

関連記事>>「タクシー運転手はやめとけ」と言われる理由を、ドライバー歴6年の僕が教える


営業所で休憩することもある


タクシー会社によっては、仮眠室やシャワールームなどの休憩設備を備えていることがあります。

隔日勤務や夜勤は、夜間働いて早朝にタクシー会社へ戻ってきます。

会社へ戻ってくると、疲労から眠くなりやすいですが、休憩設備で仮眠をとれば、すっきりした状態で帰宅することができますね。



タクシードライバーを続けていくためには、心と体に負担をためないことがとても大切です。

そのためには、無理をしないことや適度な休憩が欠かせません。

法令で休憩時間が定められているものの、実際はドライバーの裁量にゆだれられている部分がまだまだあります。
健康にこの仕事を続けていくためには、無理しなくていい環境で働きたいものですね。
そのためには、会社選びが大切です。


ドライバーが休憩しやすいように設備を整えていたり、売上のプレッシャーから過重労働させないように配慮したりと、こういったところができているタクシー会社だと、ドライバーは仕事を続けていきやすいでしょう。

タクシー業界に興味がある人

働きやすいタクシー会社を選ぶにはどうすればいいの?

タクシー業界に詳しい転職アドバイザーに相談するのが一番ですよ。

しょうた



タクシー転職エージェントのドライバーワークなら、業界に精通したアドバイザーが、利用者に寄り添って話を聞いてくれます。


わたしも、アドバイザーに相談したことがありますが、わたしが求めるものを汲みとったうえで、合いそうなタクシー会社を提案してくれました。

タクシー会社についてもめちゃくちゃ詳しいなと感じましたね。



休憩施設が整備されたタクシー会社で、ストレスなく快適なタクシーライフを送りたいなら、ドライバーズワークが助けになりますよ。

ドライバーズワークを利用すれば…

  • 未経験で2種免許がなくてもタクシードライバーになれる
  • 転職への不安が減る
  • あなたに合ったタクシー会社で、ドライバーをスタートできる
  • スマホだけあれば、最短2日で企業と面接が可能
  • 希望年収が達成しやすい


コロナ後に応募しても、求職者が殺到してあなたが希望する企業に就職するのは難しくなります。

つまり、長い目でみれば今タクシー運転手になったほうが、理想の生活を送れる可能性が高い。



保証給期間があるタクシー会社を選べば、その期間はコロナに関係なく給料は支給されます。

保証期間は企業により様ざまですが、3~12ヶ月が多いです。

詳しくは、下のリンクからご相談ください。

今すぐドライバーズワークを使う


ドライバーズワークは、タクシーに特化した業界最大級の転職エージェント

キャリア相談から転職のサポート、求人紹介まで完全無料なので安心してご利用ください。

このレベルの転職エージェントが無料で使えるなんて、ほんと凄すぎます。

まとめ

タクシードライバーの休憩は、乗務中にドライバーの裁量で自由にとることができます。

ただし、休憩時間は法律でさだめられている他、タクシー会社によってルールがあることもあります。

マナーやルール内であれば、自由に休憩とることができるのは、タクシードライバーならではの魅力です。

休憩中に仮眠をとることや、好きなラーメン屋で食事することもできます。

タクシードライバーにとって、休憩は仕事のうちです。

うまく休憩をとりリフレッシュすることが、仕事へのモチベーションを保ち、体調管理することに繋がります。

タクシードライバーの仕事を長く続けていくためにも、無理をせずこまめな休憩は欠かせません。


無理をせずに、健康的にタクシードライバーを続けていきたいものですが、そのためには会社選びが大切です。

この記事を参考にして、ぜひ素晴らしい生活を手に入れてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。



関連記事ドライバーズワークの口コミ・評判を徹底解説!【現役ドライバーのレビューあり】

-働きかたと待遇