タクシー転職体験談

タクシードライバーで挫折する人は多い?現役ドライバーが解説

タクシー業界へ転職を考えている人
タクシー業界へ転職を考えている人

「タクシードライバーになっても、挫折して辞めてしまう人は多い?」
「直ぐに辞めてしまう人は、なぜ?」



本記事では、このようなお悩みを解決していきます。



✔️ この記事を読むと分かること

  • タクシードライバーで挫折する人が多いかどうか
  • 挫折しないための対策
  • 直ぐに辞めてしまう人がいる理由



✔️ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)

この記事を書いているわたしは、タクシー歴5年の現役ドライバーです。

この記事では、タクシー業界に身を置くわたしが、タクシードライバーは挫折する人が多いのかどうかについて解説しています。



結論から言うと、タクシードライバーになって挫折する人は多いと、わたしは感じています。

わたしは、タクシードライバーとして働きながら新人教育にも携わってきましたが、入社して1年以内で辞めていく人が多いというのが率直な感想です。

タクシードライバーで挫折する人が多い理由についてこれから解説しています。

タクシードライバーで挫折する人は多い?

タクシードライバーになって挫折を経験する人は多いと、わたしは感じています。

わたしは5年以上タクシードライバーをやっていますが、入社後1年以内に辞めてしまうドライバーをこれまで何人も見てきました。

これから、タクシードライバーで挫折する理由として多いものについて、解説してきます。

タクシードライバー挫折する理由

タクシードライバーで挫折する理由として多いのは次のとおりです。

  • 思ったほど稼げない
  • お客さまとのトラブル
  • 事故を繰り返す


タクシードライバーを直ぐに辞めてしまう人は、上記3つのうちのどれかに当てはまることが多いですね。

この3つについて、これから詳しく解説していきます。

思ったほど稼げない

タクシードライバーになってから思ったほど稼げないことが分かり、辞めていくドライバーが多いです。

タクシードライバーの給料は歩合制なので、どれだけ売上げをやれるかで、給料が変わってきます。

ということは、タクシードライバーによって給料に差があるということなのです。

タクシー会社の求人には、ドライバーの平均給料が載っていることがありますが、絶対的なものではありません。

あくまでも平均なので、ドライバーによって異なります。

また、情報収集が不十分なままタクシードライバーに転職すると、思ったほど稼げずに挫折してしまうことになりかねません。

対策

「思ったよりも稼げない」ということにならないための対策としては、2つあります。

  • 転職する前の情報収集
  • 営業で好き嫌いをしない

対策1:転職する前の情報収集

タクシードライバーに転職した後の給料が、いくらになりそうか調べておきましょう。

タクシー会社のホームページや求人に、その会社の平均給料が載っていることがあります。

ただし、情報が平均給料だけでは不十分です。

自分が働こうとしている勤務形態の平均給料もしくは、給料の目安を知っておくことが必要です。

このあたりの情報は、タクシー会社の説明会や面接に参加して、採用担当者に聞かないと分からない情報ですが、気になるかたは聞いてみることをおすすめします。

対策2営業で好き嫌いをしない

タクシードライバーは新人の頃から、営業で好き嫌いをしていると、売上が伸ばしにくいです。

特に新人のあいだは、流しや無線配車など偏らずに営業をするほうが、引き出しが増えドライバーとしての経験を積めるからですね。

営業するエリアについても同様で、特に新人のあいだは好き嫌いせずに、お客さまがいるところはどのエリアでも営業しているドライバーのほうが稼げています。

タクシードライバーを2・3年続けていると、色んなことが分かってきて、仕事に好き嫌いが出てくるものです。

始めから、営業で好き嫌いをせずに、色んなことを経験してみることが必要です。

事故を繰り返す

わたしの周りでは、この事故を繰り返して辞めていく人が最も多いです。

特に重大な事故を起こすと、退職につながりやすいですね。

事故は、相手や自分にダメージを与えます。

大きい事故を起こすとトラウマになることもあるでしょう。

わたしが働いているタクシー会社では事故を3回繰り返すと、会社から念書を書かされることがあります。

直接念書を見たことはありませんが、「2度と事故はしません」といった内容であると考えられます。

事故を繰り返していると、ドライバーや会社からの評価が下がり会社に居づらくなり辞めていくようです。

対策

事故を起こさないためには、体調管理と安全運転をすることに尽きます。

特に居眠り運転による事故は、被害が大きくなりやすいです。

居眠り運転しないためにも、睡眠をしっかりとって体調を維持することが大切。

次のような、安全運転での基本を癖づけておくことも必要ですね。

  • 一時停止は完全に止まる
  • スピードを出しすぎない
  • 車間距離をとる
  • ウィンカーやバザードを正しく使う
  • かもしれない運転で危険を予想
  • 何があっても、安全を最優先



タクシードライバーは、「安全を最優先させる」ことが欠ける場合に事故を起こしやすいです。

お客さまが乗車中に忙ぐ気持ちから「安全を最優先」が頭の中から消えしまうと、確認ミスなどから事故に繋がります。

事故を起こしては、お客さまのためにも自分のためにもらなないことを常に念頭おき、安全運転をすることが必要です。

お客さまとのトラブル

お客さまとトラブルになり、そのことが原因で辞めいくドライバーもいます。

お客さまとのトラブルの内容は様ざまですが、立ち直れなくて挫折するドライバーがいるようです。

しかし、大半のドライバーは、それを乗り越えて乗務を続けています。

対策

お客さまとのトラブルで挫折しないために必要なことは、2つあります。

  • 接客トラブルを避ける対応
  • トラブルを引きずらない


タクシードライバーを続けていれば、誰でもお客さまとのトラブルを経験します。

わたしが実践している、上記2つの対策をこれからご説明していきましょう。

対策1:接客トラブルを避ける対応

タクシードライバーを続けていくうえで、お客さまとのトラブルは少ないに越したことはありません。

わたしがお客さま対応で心がけていることは、次のとおりです。

  • お客さま乗車時に目をみて挨拶
  • 聞こえるように返事する
  • 経路確認をしっかりと
  • こちらに非があれば謝る
  • 感謝の気持ちを忘れない


とても基本的なことですが、どれかが抜けているドライバーはお客さまトラブルを起こしやすいです。

どう対応しても避けられないトラブルはあります。

ですが、タクシードライバーとしてやるべきことを行っていれば、トラブルになってもタクシー会社が助けてくれることもあるでしょう。

対策2:トラブルを引きずらない

タクシードライバーで挫折しないためには、トラブルをいつまでも引きずらないことが大切です。

トラブルが起きたら、できる限りの対処をする。今後同じトラブルを起こさないためにできることを考える。

トラブルが起きたときに出来ることは、この2つだけです。

あとは、気持ちを切り替えるに限ります。

乗務中なら、公園やコンビニの駐車場に車を停めて、外の空気を吸ってリフレッシュしましょう。

タクシードライバーの勤務実態

タクシードライバーが実際にどのように働いているかは、一般的にはあまり知られていないように感じます。

そこで、現役ドライバーであるわたしが、タクシードライバーの勤務の実態についてご説明します。

勤務形態によって働く時間が違う

タクシードライバーは、どの勤務形態で働くかによって、働く時間帯や勤務時間が異なります。

タクシードライバーの働きかたは、大きく次の4つの勤務形態に分かれます。

勤務時間働く時間帯休日数
夜勤11時間18~5時6日
昼勤11時間6時~5時6日
昼夜勤11時間昼勤と夜勤を交互に繰り返す6日
隔日勤務20時間8時~4時18日

タクシーで一般的なのは、隔日勤務です。

隔日勤務は、勤務時間が20時間程度と長いですが、勤務した翌日は明け番と言って必ず休みになります。

明け番と公休日を合わせると、月に18日前後も休めます。

タクシードライバーの勤務時間は長いというイメージが、一般的にもたれているのは、隔日勤務で働くドライバーが多いためだと考えられます。



夜勤と昼勤、昼夜勤については、勤務時間が10時間程度と、隔日勤務と比べて短いですね。

タクシードライバーの勤務形態についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>タクシードライバーの勤務形態を現役ドライバーが徹底解説

タクシードライバーは思ったよりも稼げる?!

タクシードライバーをやってみて、「思ったよりも稼げる」と感じる方は多いかと。

実際にわたしも、タクシードライバーをやってみて「意外と稼げる」というのが正直な感想です。

前職の給料がどれだけだったかにもよりますが…

参考までに、タクシードライバーの平均年収をご紹介しましょう。

全国ハイヤー・タクシー連合会によると、令和元年のタクシー運転手(男)の地域ごとの平均年収は次のとおりです。

  • 東京  484万0,000円
  • 神奈川 414万2,100円
  • 大阪  412万6,000円
  • 愛知  335万7,100円
  • 京都  386万6,900円
  • 福岡  304万3,000円



タクシードライバーは、都市部のほうが平均年収が高い傾向があるようです。

タクシードライバーの給料は歩合制が基本なので、ドライバーによって稼げる額が変わります。

特に都市部では、タクシー利用客が多く、稼げるチャンスが多いようですね。

わたしは、名古屋でタクシードライバーをやっていますが、首都圏に限らず営業次第で収入を伸ばしていけるポテンシャルがこの仕事にはあると感じています。

タクシードライバーの魅力について

タクシードライバーを5年間続けているわたしは、この仕事には魅力的な面があると感じています。

わたしが感じるタクシードライバーの魅力は、4つあります。

  • 勤務形態が選べる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 売上が伸びれば給料が増える
  • 人の役に立てる喜びがある


これからこの4つの魅力について、解説していきます。

勤務形態を選べる

タクシードライバーは、自分の生活スタイルに合わせて勤務形態が選べるのが魅力的です。

一般的なサラリーマンは、始めから出・退社時間が決まっていますが、タクシードライバーはそうではありません。

例えば、昼間に働きたい人は昼勤、夜間に働きたい人は夜勤というように勤務が選べます。

中には勤務形態が一つしかないタクシー会社もありますが、自分が働きたい勤務形態があるタクシー会社を選べばよいかと。

出勤時間については、定時があるわけではなく、決まった範囲の時間帯に出勤すればオッケーです。

例えば、わたしのタクシー会社では昼勤の点呼が6〜8時の間に行われるので、この中で好きな時間の点呼に間に合うように出勤しています。

体調や都合に合わせて、出・退社時間の融通がきくことは、タクシードライバーの魅力の一つです。

自分のペースで仕事ができる

タクシードライバーは個人プレーの仕事なので、自分のペースで仕事ができます。

一人でタクシーに乗って、お客さまを求めて走り周るときの解放感はタクシードライバーならでは。

休憩が自分のタイミングでとれるのも、とても快適です。

わたしは他人に気をつうタイプで、前職では上司と同じ空間にいるだけで消耗していました。

タクシードライバーは、一人で自分のペースで働けるところが、とても魅力的です。

売上が伸びれば給料が増える

タクシードライバーの給料は歩合制なので、売上が伸びるほど給料が増えます。

タクシードライバーを5年ほどやっているわたしは、給料が良かった時期も悪かった時期も経験しています。

わたしは名古屋でタクシードライバーをやっていて、新型コロナの影響で売上が下り、手取りで20万円を切った経験もあります。

とはいえ、この最悪なときの給料でも、アパレル販売員をやっていたときに比べて良いほうでした。

売上がよい時期は、手取りで30万円以上稼げた月もありますね。

わたし自身は、売上をガツガツやるタイプではありませんが、周りにはもっと稼いでるドライバーもいます。

売上が伸びればその分給料が増えるところがタクシードライバーの魅力です。

の役に立てる喜びがある

タクシードライバーは、日常生活の足として人の役にたてる仕事です。

高齢者や足が不自由なお客さまが病院へ通うためのサポートの役割もあります。

タクシードライバーをやっていると、色んなお客さまをお乗せしますが、「運転手さん、助かったよ。ありがとう」とお客さまから言っていただけることが、何より嬉しいです。

人の役に立てる喜びがあるところは、タクシードライバーの魅力の一つです。

まとめ

タクシードライバーで挫折する人は多いと、わたしは感じています。

わたしはこれまで5年間タクシードライバーを続けてきたなかで、入社後1年以内に辞めていくドライバーをたくさん見てきているからです。

タクシードライバーで挫折する理由としては、次のようなものがあります。

  • 思ったほど稼げない
  • お客さまとのトラブル
  • 事故を繰り返す


この中でも、事故を繰り返して辞めていくドライバーがわたしの周りでは特に多いです。

タクシードライバーへの適性もありますが、対策次第でこの仕事を長く続けられる可能はあるとわたしは考えています。

タクシードライバーとして働くなかで、辛い経験をすることは誰でもありますが、それを乗り越えられると魅力的な面がたくさんあります。

わたしが感じるタクシードライバーの魅力は、これだけあります。

  • 勤務形態が選べる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 売上が伸びれば給料が増える
  • 人の役に立てる喜びがある

タクシードライバーで挫折する人がいる一方で、この仕事に魅了されて長年ドライバーを続けているドライバーは多いことでしょう。

タクシードライバーになって挫折しないためには、自分に合ったタクシー会社を選ぶことが必要です。

未経験からタクシードライバーへの転職をお考えの方は、こちらの記事をぜひご覧ください。

現役ドライバーであるわたしが、失敗しないための転職方法を解説しています。

>>未経験からタクシードライバーへ転職する方法。現役ドライバーが解説

-タクシー転職体験談