タクシー運転手のお仕事

タクシーの営業区域とは?現役ドライバーが徹底解説

新人ドライバーの○○さん
新人ドライバーの○○さん

「タクシーは、どこで営業してもいいの?」
「タクシーの営業区域について、知りたいです」



本記事では、このようなお悩みを解決していきます。

✔️ この記事を読むと分かること

  • タクシーの営業区域について
  • タクシードライバーが営業区域外へ出るとき、気をつけるべきこと



✔️ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)

この記事を書いているわたしは、タクシー歴5年の現役ドライバーです。この記事では、現役ドライバーであるわたしが、営業区域についてや営業区域にまつわる体験談を解説しています。



結論からいうと、営業区域とはタクシーが営業できる範囲です。

営業できる範囲は、事業者の所在地にもとづいて法令で定められています。

詳しくは、本文のほうで解説しています。

タクシーの営業区域とは?

タクシーはどこでも営業できるわけではありません。

事業所の所在地にもとづいて、営業できる範囲が定められています。

このことを、営業区域または営業圏といいます。

わたしが推測するに、営業区域がある理由は2つあります。

  • 営業区域によって、料金が異なる
  • タクシーの台数が特定の地域に偏らないように



もしも営業区域がなかったら、同じエリアに異なる料金のタクシーが走っているという状況になるかもしれません。

例えば、料金が安いエリアのタクシーが、料金が高い他のエリアに行って営業すれば、集客しやすいでしょう。

このようなことになっては、タクシー業界は混乱してしまいます。

もしも、営業区域がなければ、地方のタクシーがお客さまを求めて都会へ流れてしまうことになるかもしれません。

そうなると、地方でタクシーを使いたくても、タクシーが捕まらないという状況になることも考えられます。

営業区域があるおかげで、どの地域に行ってもある程度タクシーの台数が確保されているといえるでしょう。

実際の営業区域はどうなっている?

しょうた
しょうた

各都市の営業区域は、下記のようになっています。

区域名営業区域
東京特別区・武三交通圏東京23区、武蔵野市、三鷹市
大阪市域交通圏大阪、堺、東大阪、八尾、守口、門真、吹田、豊中の各市
名古屋交通圏名古屋市全域、瀬戸市、津島市、尾張旭市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、愛知郡、西春日井郡、海部郡
福岡交通圏福岡市、春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、古賀市、糸島市、糟屋郡、那珂川市

営業区域外での営業が認めれるケースがある

営業区域外での営業が例外的に認められるのは、次に挙げるケースです。

  • 営業区域内から営業区域外までの旅客運送
  • 営業区域外から営業区域内までの旅客運送



要するに、タクシーの利用が営業区域を越えるときは、乗車地か目的地のどちらかが営業区域内でなければならないということです。

業界では上記のようなケースを、''片足がついている"と言うことがあります。

しょうた
しょうた

営業区域のルールを、図にしてみました。



営業区域外から営業区域外へのご案内は、違反になってしまいます。


第二十条 一般旅客自動車運送事業者は、発地及び着地のいずれもがその営業区域外に存する旅客の運送(路線を定めて行うものを除く。第二号において「営業区域外旅客運送」という。)をしてはならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。

引用:道路運送法|e-Gov法令検索

違反するとどうなる?

営業区域に違反したドライバーは、100万円以下の罰金が科されることになります。

第九十八条 次の各号のいずれかに該当するときは、その違反行為をした者は、百万円以下の罰金に処する。

引用:道路運送法|e-Gov法令検索
しょうた
しょうた

軽い気持ちで営業区域に違反してしまうと、給料の何ヶ月分にもなる罰金を払わなければならなくなります。

これでは何のために働いているのか分からないですね。くれぐれも、違反はしないように気をつけましょう。

罰金の他にも、営業区域に違反したドライバーは乗務停止に、タクシー事業所も責任を問われ営業停止処分にまで発展する可能もあります。

区域外での営業は会社にバレる

区域外での営業をすると、乗務記録に残るため、会社にバレます。

乗務記録は、法令により記録が義務付けられています。

乗務記録に記録される内容は、ざっくりですが次のとおりです。

  • 乗車地と降車地
  • 料金
  • お支払い方法
  • 休憩時間
  • 一勤務の走行距離など



かつては、ドライバーが手書きで乗務記録を書いていた時代がありました。

近年、GPSと自動日報が普及したことで乗車地と降車地が自動的に記録されるようになり、ドライバーが改ざんできる余地はくなりました。

営業区域に限らず不正を働けば、会社にバレます。

くれぐれも、ルールは守るようにしましょう。

営業区域外に出たとき、タクシードライバーが気をつけべきこと

実車で営業区域外に出てお客さまが降りたあと気をつけるべきことは、次のとおりです。

  • 回送にする
  • 乗車前に目的地を尋ねる
  • 手があがりやすい場所は避ける



長距離のご利用でテンションが上がっているかもしれませんが、営業区域に違反しないためには、上記の3つに気をつけましょう。

これから、この3つについて詳しく解説していきます。

回送にする

お客さまを営業区域外までご案内して降車されたら、直ぐに回送にしましょう。

回送にしておけば、お客さまから見ても、利用できないタクシーだということが分かりますね。

もしも回送中に手が上がったとしても、回送中という理由で乗車を断わることができます。

しょうた
しょうた

地理が分からない遠方から戻るだけでもひと仕事。

回送にしておけば、運転に集中して戻ることができるでしょう。

乗車前に目的地を尋ね

回送にするのを忘れたり、回送表示にしているのに手が上がってしまったりした場合、まずはお客さまに目的地を尋ねるてみましょう。

もしも、お客さまの目的地が営業区域内だったら、ご案内できます。

営業区域に実車で戻れるのは、とてもラッキーなことですね。

しかし、目的地が営業区域外であった場合は、お客さまに営業区域のルールをお伝えして、丁重にお断りしなければなりません。

手が上がりやすい場所は避ける

回送表示にしていても、気づかずに手を上げる人がいるため、営業区域外に出たときはなるべく手が上がりやすい場所は避けたほうが懸命です。

お客さまの手が上がりやすい場所は、次のような場所です。

  • 駅の周辺
  • 繁華街
  • タクシー乗り場の近く



上記以外の場所でも、タクシーはどこで手が上がっても不思議ではありません。

回送にするのを忘れないようにして、気を抜かないようにしましょう。

営業区域外までの利用で、タクシードライバーが嬉しいとき

営業区域内から営業区域外へとお客さまをご案内したことは、わたし自身も何度かあります。

営業区域外までのご利用でわたしが嬉しかったのは、次のとおりです。

  • 手が上がって営業区域へ戻ることができたとき
  • スムーズに営業区域へ戻れたとき
  • ご当地グルメを味わってから、営業区域へ戻れたとき

手が上がって営業区域へ戻ることができたとき

営業区域外で手が上がって、営業区域へ実車で戻れるととてもうれしいですね。

このようなことは、なかなかないことですが、売上がめちゃくちゃ伸びます。

例えば、営業区域から営業区域外までお客さまをご案内したときの料金が1万円だったとすると、営業区域へ実車で戻れたなら倍の2万円の売上げになるのです。

さらに高速道路を利用して頂ければ、タクシードライバーにとっては売上が上がるうえに営業時間が増えるため、非常にありがたいことですね。

スムーズに営業区域へ戻れたとき

営業区域外からスムーズに営業区域へ戻れたときもうれしいものです。

道が渋滞せずにスムーズに営業区域へ戻れると、早く次のお客さまを拾うことができるからですね。

売上を伸ばすためには、少しでも空車の時間を短くすることが大切。

渋滞せずに最短ルートで営業区域へ戻れると、時間が節約できてうれしいです。

ご当地グルメを味わってから、営業区域へ戻れたとき

営業区域外へ出たとき、長距離利用の余韻にひたりながらご当地グルメを味わうことは、至福の時。

売上のことを考えると、少しでも早く営業区域へ戻ったほうがいいわけですが、たまにはその土地でしか食べられない物を味わうのもよいかと。

営業区域外までのご案内で売上もあがっているため、心にも余裕があります。

たまには、営業区域外でご当地グルメを食してみる。

タクシードライバーならではの役得ですね。

長距離利用のお客さまを乗せたとき、注意したいこと

営業区域外までのような長距離利用のお客さまを乗せたときに、注意したいことは次のとおりです。

  • 営業所に連絡が必要なケースがある
  • 目的地と経路を確認する
  • お支払い方法を確認する



これから、順番に解説していきます。

営業所に連絡が必要なケースがある

長距離のご案内は、出発前に営業所の了承が必要なことがあります。

わたしの営業所では100Kmを越えるとき営業所の許可が必要だったと記憶しています。

何キロから営業所の了承が必要かは、地域や営業所によって異なると思われるため、事前に確認が必要です。

また、長距離の場合、給油が必要になる場合があります。

どこで燃料を補充するのかも、営業所と計画しておくとよいかと。

長距離だとご案内先の何処に給油所があるか分からないことも多いですが、営業所に給油所の場所を調べてもらえるよう依頼しておくと安心ですね。

目的地と経路を確認する

長距離利用では特に、出発前に目的地と経路をお客さまと確認しておくことが必須です。

長距離利用で目的地や経路を間違えると、料金が大きくなるため、苦情や大きなトラブルになりやすいからです。

目的地や住所を復唱すること、使う道や乗り降りする高速道路のインターチェンジで経路を確認しましょう。

出発前に目的地と経路を確認したほうが、安心してご案内できるはずです。

お支払い方法を確認する

長距離利用のお客さまをご案内するときは、出発前にお支払い方法を確認したほうが安心です。

わたしの周りのドライバーは、長距離利用で目的地に着いたあと、利用者がお金をとってくるからと離れて、そのまま戻らずに乗り逃げされたケースがあります。

長距離利用で料金が大きいことを考えると、ドライバーは相当なショックを受けたはずです。

そうならないためにも、長距離利用のお客さまに支払い方法を確認しておくことが大切。

着いた先で家族にお金を払ってもらうというお客さまが稀にいますが、このような時はお客さまに身分証を見せてもらい、ご家族に電話で支払ってもらえるのか確認しましょう。

しょうた
しょうた

長距離利用では、出発する前に支払い方法を確認して、料金が回収できなくなるというリスクをできるだけ負わないようにすることが大切です。

まとめ

タクシーの営業区域とは、タクシーが営業できる区域のことです。

営業区域は、事業所の所在地に基づいて定められています。

営業区域外での営業は、例外的に認められる場合があります。

  • 営業区域内から営業区域外までの旅客運送
  • 営業区域外から営業区域内までの旅客運送



乗車地か目的地どちらかが営業区域であれば、営業が認められています。

タクシー業界では上記のような場合を、「片足がついている」と言うことがあります。

営業区域に違反すると、違反したドライバーは100万円以外の罰金が科されます。

また、罰金の他にも、違反したドライバーは乗務停止に、タクシー事業所も責任を問われ営業停止処分にまで発展する可能もあるようです。

タクシードライバーは、営業区域のルールを理解した上で、違反しないようにしなければなりません。


これからタクシードライバーへの転職をお考えのかたに、読んでいただきたい記事があります。

現役ドライバーであるわたしが、失敗しないための転職方法を解説しています。

>>【成功体験】未経験からタクシードライバーに転職する方法⇒僕はこうやってなった

-タクシー運転手のお仕事