タクシー転職のノウハウ

タクシーへの転職を家族に反対されたときの5つの対処法→僕はこうやって説得した

タクシーに転職を考えている人
タクシーに転職を考えている人

「タクシードライバーに転職したい」と言ったら、家族に猛反対されました。
正直、どうやって説得したらいいのか分かりません…
家族に認めてもらった方がいたら、どうやったか教えてください!


本記事では、このようなお悩みを解説していきます。


✔ この記事を読むと分かること

  • タクシードライバーへの転職を家族に反対されたとき対処法
  • タクシードライバーになることを反対されやすい理由
  • タクシードライバーになった後の未来



✔ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)

この記事を書いているわたしは、タクシー歴6年の現役ドライバーです。
わたしもタクシードライバーに転職するとき家族に反対されましたが、最終的には転職を許してもらえました。


タクシードライバーへの転職を家族に反対されたなら、許してもらうことは容易ではありません。

わたしは1年かけて、家族に転職を許してもらっているからですね。

しょうた
しょうた

この記事では、わたしと同じように家族に反対されて悩んでいる人が、できるだけ早く家族の理解をえられるためにノウハウを公開しています。
ぜひ参考にしてみてください。



未経験からタクシードライバーへ転職をお考えのかたには、タクシー業界に特化した転職サイトを利用することをおすすめします。

タクシー転職サイトを使うメリットは大きく分けて2つあります。

  • タクシードライバーの求人数が、ハローワークや総合転職サイトと比べて圧倒的に多い
    →稼ぎやすいタクシー会社がみつかりやすく、家族を養っていける
    →研修に力をいれているタクシー会社がみつかり、スキルが身についてやりがいを感じる日々

  • タクシー業界に精通したアドバイザーに無料で相談できる
    →転職で不安なことを聞けるから、家族に認めてもらいやすい
    →細かい希望条件まできいてもらえるから、自分にあったタクシー会社が見つかりやすい



おすすめ転職サイトTOP3



しょうた
しょうた

転職サイトの比較を知りたいかたは、こちらの記事をごらんください。

<<【タイプ別】タクシー転職サイトおすすめ3選!現役ドライバーが徹底比較

タクシーへの転職を家族に反対されたときの5つの対処法

結論からいうと、タクシードライバーへの転職を家族に反対されたときの5つの対処法は、つぎのとおりです。

  • 焦らずに時間をかけて、何度も話す
  • タクシードライバーに転職したい理由を伝える
  • 家族が不安を感じていることを聞き出す
  • 不安を感じていることが実際はどうなのかを知る
  • 家族が感じている不安点を解決する


まず前提として、家族がどうして転職を反対しているかを考えることがとても大切です。

これは後から教えてもらったことですが、わたしの家族は”タクシードライバーになる覚悟”をみるために反対したそうです。
たしかに、タクシー運転手は、他人を乗せて目的地まで走る仕事で、事故にあうリスクがあるため、中途半端な覚悟で転職しても続けていくことは難しいかもしれません。
タクシーに転職する前にわたしは4回転職をしているので、軽い気持ちで転職をしても続かないと家族は思っていたのでしょう。

わたしの転職に対する決意が家族に伝わり、最後は許してもらうことができました。

これから、わたしがどのようにしてタクシードライバーへの転職を家族に許してもらったかを解説していきます。

しょうた
しょうた

①焦らずに時間をかけて、何度も話す

わたしがタクシーに転職したいことを家族に伝えたとき、家族は驚いたと思います。

タクシードライバーの仕事は世の中的にはあまり知られていないから、仕方ないですよね。

なので、はじめ家族から反対されたとしても、焦らずに時間をかけて何度も話すことが必要です。

人は分からないことに対して不安に感じるものです。

✔ なぜ説得に時間をかける必要があるのか?

家族の人は初めてあなたからタクシーに転職したいと聞いて反対しても、そのあと気になっていろいろとタクシードライバーという仕事について調べてみたり、人から聞いたりするかもしれません。
時間をかけて何度も話してみることで、少しずつ家族にタクシードライバーについて理解を得られ、あなたの熱意も伝わるはずです。

②タクシードライバーに転職したい理由を伝える

家族にタクシーに転職することを許してもらうためには、タクシーに転職したい理由を説明することが大切です。

しょうた
しょうた

わたしの場合は、アパレルで働いていたとき給料が安く、アパレルの給料だけでは家族を養っていくことができなかったため、「家族を養っていくためにタクシーに転職したい」と、家族に伝えました。



ただ「タクシーに転職したい」と伝えるよりも、どうしてタクシーに転職をしたいのか、なぜタクシーじゃないといけないのかを説明することで、家族のかたに熱意が伝わり、理解してもらい易いです。

③家族が不安を感じていることを聞き出す

家族にタクシーへの転職を許してもらうためには、家族が転職することに対して不安に思っていることを聞き出すことが必要です。

わたしの家族は次のことを心配してタクシーへの転職を反対しました。

  • 事故にあうリスクが高い
  • 犯罪にあうリスクがある
  • タクシーで生活が成り立つのか分からない
  • 地理が分からないのタクシードライバーが務まるのか心配。


もしもあなたが、タクシーへの転職を家族に反対されているなら、まずは家族がどうして反対しているのかを知ることが重要です。

家族がタクシーへの転職に対して不安に思っていることをひとつひとつ解決することが、家族に転職を許してもらうためには不可欠でしょう。

タクシードライバーは、一般的にあまり知られていない職業です。家族がタクシーへの転職を反対しているのなら、必ずタクシーへの転職に対して不安に思っていることがあるはずです。



家族が不安に思っていることを聞き出して、その不安がなくなるように説明することが、家族に転職を許してもらうための近道なのです。

④不安を感じていることが実際はどうなのかを知る

わたしは、転職に対して不安に感じていることを聞くために、タクシー会社の説明会に参加しました。

タクシー会社の会議室で、採用担当のかたとマンツーマンで行われましたが、そこでわたしは自分や家族がタクシーの仕事に対して不安に思っていることを素直に全て伝えました。




✔ 会社説明会に参加して、転職に対して不安に感じていることが実際どうなのか聞けた

タクシー会社の採用担当のかたに実際どうなのか教えてもらったことは、次のとおりです。

不安点不安を解消する新事実
事故にあうリスクが高い研修で安全運転を学べる
犯罪にあうリスクがある車載カメラや緊急信号といった防犯対策を行っている
タクシーで生活が成り立つのか不安歩合制で稼げる可能性がある
地理が分からないのタクシードライバーが務まるのか心配研修で地理を学ぶ、ナビがついている
しょうた
しょうた

タクシー会社の担当者に、不安に感じていることを率直にぶつけてみて、上記のようにタクシー会社は色いろと対策していることが分かり、転職することへの不安がなくなりました。

⑤家族が感じている不安点を解決する

わたしは会社説明会に参加したあと、家族に説明会で聞いたことを教えました。

家族がタクシーへの転職に対して不安に思っていたことについて会社説明会で聞いてきたことを、家族にそのまま伝えました。

その結果、タクシー会社では色いろと対策がされていることが分かり、安心してもらうことができましたね。

しょうた
しょうた

家族を説得するためには、調べた情報だけで話をするよりも、実際に会社説明会に参加してタクシー会社の人に聞いたことを話すほうが説得力がありますよ。


とは言っても、会社説明会に参加するのはどうも勇気がいるな

説明だけで終わればいいけど、強引に入社を勧められないか心配だなぁ…

タクシー業界へ転職を考えている人
タクシー業界へ転職を考えている人


しょうた
しょうた

そうですね。わたしも会社説明会に参加するのはかなり勇気がいりました。

会社説明会のあと、いきなり面接が始まりましたしね。

会社説明会はちょっとという方には、タクシー転職サイトで聞いているのも良いですよ。



会社説明会に参加できない方には、タクシー転職サイトに相談してみるのもアリ

「会社説明会はちょっと…」というよう方には、タクシー業界に特化した転職サイトを利用することをおすすめします。

タクシー転職サイトのドライバーズワークなら、タクシー業界に精通したアドバイザーに無料で相談できるのです。



✔ ドライバーズワークを使うメリットとは?

ドライバーズワークは、サポート力が高いタクシー転職サイトです。

あなたとタクシー会社のあいだに入って、入社前から入社後にわたって徹底的にサポートしてくれます。

ドライバーズワークの徹底したサポート
  • 無料相談では親身に話を聞いてくれる
    →あなたやご家族が転職に対して不安を感じていることが、実際どうなのか聞ける
  • あなたが無事に内定できるように、履歴書の添削や面接対策、連絡調整までしてくれる
    →第一希望のタクシー会社に決まりやすい
  • 入社後もタクシー会社に聞きにくいことを聞ける
    →何かあったら相談できるから、安心して研修にうちこめる



✔ ドライバーズワークの使い方はかんたん

  • リンクから入ったページで、ステップ1~4へと進んでいく(1分でできる)
  • ドライバーズワークからメールがくる→電話相談できる日を返答する
  • 無料相談で、転職に対して不安を感じていることを聞く。希望条件を伝える

>>無料でドライバーズワークを使ってみる

しょうた
しょうた

行動すれば、あたなの本気度が家族に伝わるはずです。
無理に求人を勧められることはないので、気軽に使ってみましょう。

タクシードライバーが家族から反対されやすい理由とは?

タクシードライバーは家族から反対されやすい職業だと感じますが、その理由は下記のとおりです。

  • タクシードライバーという職業の社会的な評価が低い
  • 事故や犯罪にあうリスクがある
  • どれくらい稼げるかが不透明

タクシードライバーという職業の社会的な評価が低い

タクシードライバーは年をとってからやる仕事であるというイメージをもっている人が多いようです。

わたし自身もタクシーに乗務中、お客さまから「まだ若そうなのにどうしてタクシーをやっているの?」と聞かれることがたびたびあります。
また、最近は接客やマナーを入社時に教育しているタクシー会社がほとんどですが、バブル期はタクシーがお客さまを選ぶ時代で横柄なドライバーが多かったということも、私自身よく聞く話です。


しょうた
しょうた


このことも社会的な地位が低い理由になっているかと。

事故や犯罪にあうリスクがある

タクシーの勤務時間は、時間が比較的すくない日勤でも一回の勤務が10時間くらいです。

一般のドライバーと比べて車を運転している時間が長いため、事故にあうリスクが高くなります。

タクシードライバーが巻き込まれる犯罪については、タクシー強盗やタクシードライバーへの暴行などがマスコミなどによって取り上げられて話題になりやすいですね。


しょうた
しょうた

タクシーにお乗せしたお客さまから「タクシーはどんな人が乗ってくるか分からないから怖くないの?」というような質問をよく受けますね。

実際にどれだけ稼げるかは、やってみないと分からない

タクシードライバーの給料は歩合制が基本です。

よって、タクシーの売上げによって給料が決まるため、固定給のように給料が定まっていません。

働く地域やタクシー会社によっても平均年収が異なってくるようです。
新人のころから稼げる人は稼げますし、そうでない人もいます。
流し方や営業方法でガラッと給料が変わるのがタクシードライバーなのです。


しょうた
しょうた

タクシーでどれだけ稼げるのか知っている人は少ないでしょうし、タクシーの給料が歩合制であることもあまり知られていないように感じますね。

タクシードライバーになった後の未来

ここからは、タクシードライバーになった後どんな未来がくるのかご紹介します。

  • 給料が歩合制になる
  • 事故やお客さまトラブルのリスクがある
  • 職場の人間関係で悩むことが少なくなる
  • 休日は好きなことに集中できる


しょうた
しょうた

タクシードライバーになったわたしは、こんな日常を送っています。
これから、詳しく解説していきましょう。

給料が歩合制になる

タクシードライバーの給料は、歩合制が基本にあります。

タクシーでの売上に応じて、給料がもらえます。

売上げが少ないと給料が下がることや、安定しないところが、歩合制のデメリットです。

反面、売上げが伸びれば次の給料に反映されるため、モチベーションをつくれるといったメリットがあります。

個人的に感じるのは、売上が悪くても上司に言われることがあまりなく、プレッシャーが少ないということです。
前職アパレルだったわたしは、上司から毎日売上のことで詰められていたため、この面でタクシーは天国ですね。



売上が悪ければ給料が減りますが、給料が減るという意味でドライバー自身が売上げの責任を負っていることになります。

売上げの責任を負っている以上、会社はドライバーにとやかく言う必要は少ないというわけですね。

事故のリスクがある

タクシードライバーになると、事故のリスクが生まれます。

これは想像していただければ分かると思いますが、タクシードライバーは勤務時間が少なくても10時間と長いです。

そのうえ勤務中のほとんどは、運転しているか、車内で過ごしてるので事故のリスクがあるのは当然のことですね。

とはいえ、ドライバー自身の安全に対する意識や取り組みかたしだいで、事故のリスクを少なくすることはできると、わたしは考えています。
実際にわたしは、新人のころ事故を起こしてから、自身の安全への意識がより高くなり、それから4年のあいだ事故は起こしていません。



自分がいくら気をつけていても追突されることなどあり、リスクが全くないわけではないですが、減らすことは可能です。

職場の人間関係で悩むことが少なくなる

タクシードライバーは、基本的に一人でする仕事なので、人間関係で悩むことは少ないです。

他人と接するのは、出庫する前後の1〜2時間と、お客さまを乗せているときくらいですね。

ドライバー同士の人間関係も気楽だと感じます。

一日の営業を終えて会社に戻ると、「今日こんなお客さんを乗せたんだよ」とか「今日は売上げが良かった」とかという会話が多いです。
上司との人間関係についても、事故や苦情といった問題を起こさなければ、点呼や売上の納金で業務上の話をするくらいです。



話が好きな人は、会社に残って話してますが、わたしは早く家でブログを書きたいので、やることをやったら「お疲れさまでした!」とさっさと帰宅しています。

しょうた
しょうた

タクシードライバーに転職して、職場の不毛な人間関係から解放されました。

休日は好きなことに集中できる

タクシードライバーになると、休日は好きなことや家族との時間を楽しめます。

あたり前のことですが、タクシーは仕事を持ち帰ることができません。

休日に仕事のことを考える必要すらありません。

しょうた
しょうた

タクシーの仕事は、出たところ勝負なので、家で作戦を練ったところで、そのとおりに営業できることはないからですね。


しかし、他の職業だとなかんかこうはいきません。

休日にプレゼン資料つくるとか、ミーティングがあるとか、家族と外出中に上司から電話が入るとか、これじゃ休みを楽しむことができません。
前職アパレルをやってたときは、このような休日でした。



タクシードライバーになったら、休日は完全にオフモード。

やりたい事に集中できる環境になって、これこそ本当の休みだなぁと感じます。

まとめ

タクシードライバーになることを家族から反対された場合、本気でタクシードライバーになりたいのかあなたの決意がみられている可能性が高いです。

これは、わたし自身タクシードライバーになることを家族から反対された経験からいえます。

家族からタクシードライバーになることを反対されたときの対処法は、つぎの5つです。

  • 焦らずに時間をかけて、何度も話す
  • タクシードライバーに転職したい理由を伝える
  • 家族が不安を感じていることを聞き出す
  • 不安を感じていることが実際はどうなのかを知る
  • 家族が感じている不安点を解決する
しょうた
しょうた

ポイントは、じっくりと時間をかけて家族と話すことです。

その中で、家族が感じている不安を理解して、それを解消することが大切です。


タクシードライバーに転職するとき、誰もが不安を感じるもの。
まずは不安を解消することが、転職を成功させるためには必要です。
不安を解消するためには、タクシー業界を理解している人に聞いてみるしか方法はないでしょう。



わたしがおすすめする方法は、タクシー業界に特化した転職サイトを利用することです。

タクシー転職サイトの中でも、サポート力が高いドライバーズワークを利用するのがおすすめです。

ドライバーズワークの徹底したサポート
  • 無料相談では親身に話を聞いてくれる
    →あなたやご家族が転職に対して不安を感じていることが、実際どうなのか聞ける
  • あなたが無事に内定できるように、履歴書の添削や面接対策、連絡調整までしてくれる
    →第一希望のタクシー会社に決まりやすい
  • 入社後もタクシー会社に聞きにくいことを聞ける
    →何かあったら相談できるから、安心して研修にうちこめる



\無料で利用できる/

しょうた
しょうた

家族に転職を認めてもらいたいなら、行動しましょう。

行動することで、あなたの転職にたいする本気度がご家族に伝わるはずです。

-タクシー転職のノウハウ