タクシー転職体験談

【6年続けた僕のリアル】タクシードライバーに転職するメリットとデメリットを解説

タクシー業界へ転職を考えている人
タクシー業界へ転職を考えている人

タクシードライバーへの転職を考えています。
タクシードライバーになるメリットって何ですか?
なってから後悔しないように、今のうちにデメリットも知っておきたいです。



この記事では、上記のようなお悩みにこたえます。

✔️ この記事を読むと分かること

  • タクシードライバーに転職するメリットとデメリット
  • タクシードライバーの待遇について
  • タクシードライバーになる条件



✔️ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)

この記事を書いているわたしは、タクシー歴6年の現役ドライバーです。
この記事では、わたしの体験談を交えながらタクシードライバーになるメリットとデメリットを解説しています。



いきなり結論ですが、タクシードライバーにはメリットとデメリット両方ありますが、全体としてはメリットのほうが大きいと、わたしは感じています。

詳しくは、本文のほうで解説していきます。



しょうた
しょうた

未経験からタクシードライバーへ転職をお考えのかたには、タクシー業界に特化した転職サイトを使うことをおすすめします。



✔ タクシー転職サイトを使うメリット

  • 総合転職サイトやハローワークに比べて圧倒的に多い
    →好条件の求人が見つかりやすい

  • 研修に力を入れている求人が見つかる
    →スキルが身について、お客さま感謝されることにやり甲斐を感じる日々

  • タクシー業界に詳しいエージェントに無料で相談できる
    →納得がいく条件でタクシードライバーを続けられる


おすすめ転職サイトTOP3


タクシー転職サイトの詳細はこちらの記事で解説しています。

>>【タイプ別】タクシー転職サイトおすすめ3選!現役ドライバーが徹底比較


上記のタクシー転職サイトは、転職相談や求人紹介などすべて無料で利用することができます。

しょうた
しょうた

好条件の求人はなくなりやすいので、早めに使ってみましょう。



では、ここから本文です。

タクシードライバーに転職する4つのデメリット:現実はこうだった

  • 事故のリスクがある
  • 職業病のリスクがある
  • 給料が固定されていない
  • 社会的な地位が低い

事故のリスクがある

タクシードライバーと事故のリスクは切り離せません。

なぜなら、タクシードライバーが走る距離は一般ドライバーと比にならないくらい多いからですね。

タクシーは通常1回の乗務で150㎞~250㎞は走ります。



仮に、1ヶ月の勤務が22日で1回の乗務が平均150㎞走ったとすると、1年に走る距離は39,600㎞でこれは地球一周分に相当します。

タクシーは一年で地球一周分の距離を走るということを考えると、事故のリスクは当然あると言えるのではないでしょうか。

しかし、安全運転への高い意識や、安全確認の徹底を継続することでこのリスクを抑えることはできます。

私は現時点で2年間事故を起こしていませんし、追突などのもらい事故にもあっていません。

なので、事故のリスクは他の職業と比べると、年間走行距離が多いことかああるが、本人の心がけや技術によってリスクを減らすことはできます。

職業病のリスクがある

タクシー運転手がなり易い体の不調としては、腰痛、肥満、動脈硬化になりやすいと思います。

これらの不調については、私が実際になっていたり、同じ営業所の仲間達がなっているもので、統計に基づいたものではありません。

腰痛については、タクシー運転手は長時間運転する為、同じ姿勢を続けることになり、このことが原因で腰痛になります。

私の周りにも椎間板ヘルニアになって、手術を受けた人も何人かいます。

私自身以前にギックリ腰をやったことはありますが、信頼する骨接ぎの先生に診察を受けて現在はほとんど生活に支障がないようにまでは治りました。

肥満については、タクシードライバーはこれまた長時間運転する仕事の為、運動不足や筋力低下から太りやすい職業だと言えるでしょう。

おまけに好きな時に休憩でき、空いた時間にコンビニで食べ物を買って食べることもできます。

私はタクシー運転手になったばかりの頃、最初の半年くらいで体重が5㎏増えました。

本人の体質によって違いはありますが、対策をしないと肥満になるリスクがあります。

動脈硬化については、私の周りで何人か入院した人や退職をした人がいた為書かせて頂きました。

これに関しては具体的な因果関係はわかりかねますが、食事環境が大きいのではないかと思います。

その他喫煙は、動脈硬化の原因の一つであり促進要因なので、タバコを吸っている方は動脈硬化になるリスクが高くなりますね。

給料が固定されていない

タクシー運転手の給料体系は、歩合制が基本となっており、完全歩合制の会社と、基本給+歩合制の会社が主流です。

これまでタクシードライバーを続けてきた中で日によっては営業収入の上がり下がりはあります。

月別、年別となるにしたがい、そこまでの変動はありませんでした。

月によって、例えば12月は忘年会シーズンで忙しい月は営業収入が上がり、逆に1月~3月くらいにかけては閑散期で営業収入が下がるといった、売上の波はありますが、年間単位ではそこまで大きく変動することはありません。

このように以前は歩合制でありながらも、ある程度収入が安定していました。

しかし今は新型コロナの影響でかつての4割程度収入が下がっているのが現状です。

新型コロナ収束後も不況が予想されていますが、タクシー業界全てがなくなることはないと思いますが新型コロナ前に稼げていた収入に戻るにはある程度時間がかかるのではと考えています。

社会的な地位が低い

社会的な地位については、人によってその捉えかたに差があると思いますが、一般的に言って決して高くはないと感じています。

私はこのタクシー運転手の仕事をこれまで4年間続けているなかで、お客様に「まだ若そうなのに、どうしてタクシーを選んだの」というようなことをよく言われました。

世間の一般的な認識として、タクシーは定年を迎えた老後にする仕事だったり、会社をリストラされて他にできることがなく仕方なくタクシー運転手になったというようなイメージは強いのではないでしょうか。

しかし私はタクシー運転手には、運転が好きで、これまでアパレル業で培ってきた接客のスキルを活かすことができ、尚且つ完全歩合制で成果に応じて給料が貰えるというところに魅力を感じて転職しました。

また、私が所属する会社では私を含め20代から40代の営業社員が多数在籍しています。

タクシー会社によって違いはありますが、新卒を含め若い世代を積極的に採用して、社員教育にも力を注いでいる会社もあります。

ですからタクシー業界は、これから若い人材に対してしっかりと教育を行っていくことで、タクシードライバーというひとつの職業として認知されていくのではないかと感じています。


とはいえ、タクシードライバーはまだまだ世の中的に認知が薄い職業。

5年間タクシードライバーを経験したわたしが、そのあたりについて解説してみました。

>>タクシー運転手はやめとけ!ドライバー歴5年の僕がやめるべき理由を教える

タクシードライバーに転職する4つのメリット

  • 地理やお店に詳しくなれる
  • お客さまからチップをもらえる
  • 人間関係の悩みから解放された
  • タクシードライバーは評価基準が明確

地理やお店に詳しくなれる

地理やお店に詳しくなれるのは、一日中街を走り続けているタクシー運転手ならではの特権ですね。

タクシードライバーは、様々なお客様を目的地へご案内する仕事。

タクシーをご利用されるお客様は、普段からよくタクシーを利用されているから、少しでも安く早く目的地へ行くために、目的地への最短・最安経路をよく知っていておられることが多いです。

ベテランのタクシードライバーになるほど、お客様を数多くお乗せした経験から、様々なルートを集積しているんですね。

幹線道路はもちろん、裏道や道の路流れの速さまでを熟知しています。

このような地理の知識はタクシー運転手を続けていく上で財産になりますし、プライベートで遊びに行くときにも、目的地へスムーズに早く着けるため時間節約にもなるのです。

その他にも、タクシー運転手をやっていると自然と飲食店などのお店にも詳しくなれますよ。

ご自宅からお店へお客様をご案内したり、お店からの注文でお客様をご自宅へお送りする仕事も多く入ります。

評判のお店や有名店などをタクシー運転手が良く知っているのはそのためです。

私も乗務中に絶えず行列ができているお店はチェックしています。

とくに私はラーメンが好きなので、休日は気になるラーメン店に行くのが楽しみ。

そのような情報を持っていると、観光で乗ってこられるお客様におススメのお店を聞かれたとき役に立ちます。

お客さまからチップをもらえる

タクシー運転手をやっているとお客様からチップを貰えることがありますね。

チップを貰える職業というのは日本では数少ないでしょう。

お客様から、「運転手さんと話して楽しかったよ」や、「親切にしてくれてありがとう」と言われ、チップを頂けたときは、この仕事やってて良かったと思います!

一回のチップで頂ける金額は100円から500円くらいが多いです。

例えば、一日の営業で500円のチップを頂けたとして、チップを頂けた日が一カ月で15日あった場合、月で7500円、一年に換算すると90000円にもなります。

わたしはチップがある程度貯めて、一年に一回温泉旅行に行けたり、普段は行けないような少しだけ高級な飲食店に行くことができて、仕事の大きな励みなっています。

人間関係の悩みから解放された

退職理由のランキングでなんとトップ3内に「上司との関係」や「同僚との関係」がランクイン。

人間関係に対する不満が2つもランクインしていますよね。

給料や地位、労働時間に対する不満よりも、人間関係に関する不満が多いのが実情。

タクシー運転手は一旦車庫を出れば、お客様を乗せている時以外の時間は、ほとんどひとりです。

基本てきに空車のときは、会社の規則や法に触れなければ自由に過ごすことができます。

もちろん自由に過ごせるとはいっても休憩ばかりをしていると営業収入が下がり給料は減ってしまいますが、休憩や食事などは取りたいときに自由にとることができますね。

上司の目を気にしたり、同僚に気を遣うこともなく、そういう面では大変気楽と言えます。

もしも今別の職種で人間関係で悩んでいる方には、タクシー運転手はおススメできる職業です。

タクシードライバーは評価基準が明確

いぜん私がアパレル販売員をやっていたころは、評価基準が不明確でした。

上司の主観によって評価が左右されるため、上司が異動で変わるたびに、わたしの評価が変わたり、相性が悪い上司のときには評価を下げられたこともあります。

しかしタクシードライバーになってからは、評価基準が明確であるため、上司との相性もほとんど関係ありません。

タクシードライバーに転職してからは、アパレル時代に抱えていた上司との関係によるストレスから解放されたわけです。

タクシードライバーに対する評価基準は、次のようなものが多いでしょう。

  • 事故の件数
  • 苦情の件数
  • 売上げ
  • 出勤率

売上げが評価の対象になるかどうかについては、タクシー会社によって差があると思います。

ここで挙げた評価基準は、基本的には真面目に普通に仕事を続けていれば、会社からの評価は高まり信用をえることができます。

わたしは、タクシードライバーになって4年目で黒タクと呼ばれるハイクラスタクシーに乗っていますが、真面目にコツコツやってきただけですね。

プライベートの予定がたてやすい

タクシードライバーは、予定がある日に合わせて休日や有給などを入れ込むことができて、プライベートの予定がたてやすい職業です。

例えばホテルで働いている方は、他の人との兼ね合いでシフト制で勤務管理されていますよね。

シフト制だと、他の人のシフトとの兼ね合いでどうしてもこの日は人が少ないから有給が取りにくいなどといったことが。

タクシー運転手は基本このような縛りがなく、シフトにはなっていても他の営業社員との兼ね合いがなく、割と自由に休み希望も出すことが出来ます

実際に私の会社の社員は、宅の母の通院で休む必要があるときや、連休をとって家族旅行へ行くときに、休みの希望を気軽に出しています。

また、休んだ代わりに別の日に出勤して、出勤日を減らさないようにすることもできますね。

勤務時間についても、出勤時間が何時というように決まっておらず、ある程度の範囲内で自分が好きな時間に出勤することができます。

帰ってくる時間も、自分が満足できる営業収入が上がれば帰ってこれますし、法定労働時間内でしたら長めに働くこともできちゃいます。

タクシーは通常1台の車を2~3人で回していくので、自分の前に乗っている人と後に乗っている人との兼ね合いで、出勤時間と退勤時間を調整する必要はありますが、他のサラリーマンのように就業時間が何時から何時というようには決まっていないので、用事がある日だから少し早めに帰ることくらいは問題ないですね。

最近の新型コロナによる自粛の影響で給料が下がり、副業を考えている方が多いと思いますが、タクシー会社では副業を認めている会社も多く、これからの時代副業ができるというメリットは大きいでしょう。

副業を認めていない会社でこれをやってしまうと、解雇理由にもなるため、事前に就業規則の確認をしておく必要はありますが。

タクシードライバーに転職する前に知っておきたい待遇面

これからタクシードライバーの待遇をご紹介します。

  • タクシードライバーの給料について
  • タクシードライバーの勤務時間について

この2つは、タクシー会社や働くエリアによって異なりますが、転職するときの目安になるように、全体感をお伝えしていきますね。

タクシードライバーの給料はそこそこ貰える

わたしがタクシードライバーをやっている名古屋では、給料はそこそこ貰える印象です。

実際にわたしは、タクシーの給料で家族を養うことができています。

ただし、タクシードライバーの給料は歩合性が基本なので、個人によってや働くエリアによって変わってきます。

参考までに、全国のタクシードライバーの平均年収を載せておきましょう。

全国ハイヤー・タクシー連合会によると、令和元年のタクシー運転手(男)の地域ごとの平均年収は次のとおりです。

  • 東京  484万0,000円
  • 神奈川 414万2,100円
  • 大阪  412万6,000円
  • 愛知  335万7,100円
  • 京都  386万6,900円
  • 福岡  304万3,000円



上記のように、地方より都会のほうがタクシードライバーは稼げる傾向があります。

またタクシー会社によって歩合率や、営業環境が違い、たくさん稼ぎたければ会社選びも大切ですね。

想定読者「たくさん稼げる会社を見つけるためには、どうすればいいの?」

これから、稼ぎやすいタクシー会社を見つけるコツをお伝えしますね。

タクシー転職サイトを使うと、稼ぎやすいタクシー会社を見つやすい

タクシー転職サイトのドライバーズプロを使うと、稼ぎやすいタクシー会社、待遇のよいタクシー会社を紹介してもらえます。

ドライバーズプロは、累計紹介者1万人で利用者の平均年収が800万円以上という実績があります。

  • 厳しい審査に通った求人のみ紹介
  • 入社後も、日給5万円稼げるまでサポートしてくれる

トップドライバーが、稼ぐためのノウハウを惜しげなく教えてくれますよ!

タクシードライバーでたくさん稼げると、ご家族も喜んでくれることでしょう。

ドライバーズプロは、登録や求人紹介まですべて無料です。

こちらから無料でお問い合わせができるので、覗いてみてください。

ドライバーズプロ

必要事項に記入して送信するだけなので、3分あればできます。

タクシードライバーの勤務時間は、大きく分けて3パターンある

タクシードライバーの勤務時間は、どの勤務形態を選ぶかによって異なります。

勤務形態は、大きく分けて次の3つ。

勤務形態ごとの、勤務例をご紹介します。

勤務形態勤務時間働く時間帯
隔日勤務20時間8時~翌4時
夜勤10時間18時~翌4時
昼勤10時間7時~17時

タクシードライバーの勤務形態として最も一般的なのは、隔日勤務です。

1回の勤務が20時間ていどとながい変わりに、勤務した翌日は明け番といって必ず休みになります。

月間の休日も18日前後と、多いのが特徴です。

タクシードライバーは、勤務形態によって生活スタイルや稼げかたが違います。

ざっくりとですが、稼ぎやすいのは割増し料金の22時から5時までの時間帯を含む、隔日勤務と夜勤です。

自分の生活スタイルや給料の希望額によって選ぶようにしましょう。

タクシードライバーの勤務形態について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

>>タクシードライバーの勤務形態を現役ドライバーが徹底解説

法人タクシーと個人タクシーどっちが稼げる?

結論からいうと、法人と個人どっちが稼げるかは、人や時代によるというのが答えです。

個人タクシーを開業するためには、タクシードライバーの経験が10年必要なので、まずはタクシー会社でドライバーとしての経験を積むことが必要です。

法人タクシーで働きながら、個人タクシーの情報を収集するうちに、自分が個人タクシーを開業したらどれくらい稼げそうか見えてくるかと。

個人タクシーは、売上から諸経費や税金を差し引いた額がダイレクトに自分の収入になるのが魅力です。

しかしながら、コロナなど社会情勢の影響をもろに受けるリスクがあります。

なので、個人タクシーを開業するかどうかは、まず法人タクシーで経験を積みながらじっくりと考えてみるのが良さそうですね。

こちら記事では、個人のタクシードライバーになる方法ついて詳しく解説しています。

>>【分かりやすい】個人タクシーのドライバーになる方法

タクシードライバーになる条件

タクシードライバーになるためには、2種免許が必要です。

2種免許はタクシー会社が費用を負担して自動車学校へ通わせてくれることが多いようです。

ただし、タクシー会社が2種免許の費用を負担する条件として、例えば3年以上勤務ことのようになっている場合があります。

入社する前に、2種免許の取得費用が免除されるか、免除されるための条件があるかを確認したほうがよいでしょう。

2種免許の受験資格が緩和。最年少19歳からタクシードライバーになれる?!

2種免許は受験資格が緩和されて、次のように変わっています(2022.5.13施行)。

  • 19歳以上
  • 普通免許等を受けていた期間が1年以上



しょうた
しょうた

最年少で19歳からタクシードライバーになれるようになったわけですね。



参考までに、改正前の受験資格も載せておきます。

  • 21歳以上
  • 普通免許等を受けていた期間が3年以上



まとめ

タクシードライバーに転職するメリットは、次のとおりです。

  • 地理やお店に詳しくなれる
  • お客さまからチップをもらえる
  • 人間関係の悩みから解放された
  • タクシードライバーは評価基準が明確

地理に詳しくなれたり、お客さまからチップがもらえることは、タクシードライバーの役得ですね。

また、タクシードライバーは個人プレーの仕事なので、職場の人間関係で悩むことは少ないでしょう。

無事故、無欠勤でクレームを少なくまじめに仕事を続けてさえいれば、上司からの評価は上がっていくはずです。

タクシードライバーになるデメリットは、次のとおりです。

  • 事故のリスクがある
  • 職業病のリスクがある
  • 給料が固定されていない
  • 社会的な地位が低い

デメリットのなかでも特に、事故のリスクがあることや、給料が固定されていないことは考えて転職する必要があるでしょう。

未経験者がタクシードライバーに転職するとき、事故のリスクをがあることは大きな不安要素かと。

事故のリスクを下げるためには、新人研修に力を入れているタクシー会社を選びましょう。

タクシー業界に特化した転職サイトを利用すれば、研修に力を入れている会社、給料が安定しやすい会社が見つかりやすいです。

タクシードライバーになっても、事故したり稼げなかったりすると、すぐに辞めてしまうことにもなりかねません。

タクシードライバーへの転職を成功させるためには、タクシー転職サイトを利用しましょう。

おすすめ転職サイトTOP3

上記の転職サイトは、転職相談や求人紹介まで全て無料です。

待遇がよい求人はなくなりやすいので、早めに使ってください。

無料相談では希望条件を聞かれますが、ここではあなのた好条件を言っておけばOK。
例えば、勤務地とか転職したい時期とかですね。 

-タクシー転職体験談