タクシー転職のノウハウ

未経験からタクシードライバーへ転職する方法。現役ドライバーが解説

タクシー業界へ転職を考えている人
タクシー業界へ転職を考えている人

「未経験からタクシードライバーへ転職する方法が知りたい」

「転職で失敗しないために必要なことは?」


本記事では、このようなお悩みを解決していきます。




✔ この記事を読むと分かること

失敗しないための、タクシードライバーへの転職方法

✔ この記事の信頼性

Twitterアカウント(@shota_thanks)


この記事を書いているわたしは、タクシー歴5年の現役タクシードライバーです。

未経験からこの業界に転職し、名古屋でタクシードライバーをやっています。

この記事では、わたし自身の転職体験を踏まえて、失敗しないための転職方法について解説しています。





結論から言うと、未経験者がタクシードライバーへの転職を成功させるために必要なのは、つぎの3ステップです。

  • タクシーでどれだけ稼ぎたいかを明確にする
  • 自分に合った勤務形態を選ぶ
  • タクシー転職サイトからタクシー会社に応募する
しょうた
しょうた

詳しい方法については、本文で解説しています。


未経験からタクシードライバーへの転職を成功させるためには、タクシー専門の転職サイト「転職道」を利用するのがおすすめです。



✓ 転職道を利用するメリット

  • 全国の求人を扱っている
  • 豊富な求人の中から選べる
  • 給料や勤務形態など、希望に合った求人が見つけやすい
  • web履歴書で簡単に応募できる
  • 24時間メールで転職相談できる
  • 全てのコンテンツが無料で利用できる


転職道からタクシー会社へ応募するまでの手順は、本文で詳しく解説しています。

直ぐに「転職道」を利用したい方は下のリンクからどうぞ。

>>無料で転職道を利用する




タクシードライバーには、未経験でもなることができる

タクシードライバーは、未経験でもなれる職業です。

わたし自身も未経験の状態でタクシードライバーに転職しました。わたしが所属する会社のドライバー達は、ほとんど未経験でこの業界に転職してきています。

タクシードライバーになるために必要な2種免許は、タクシー会社に入社するときに会社が取らせてくれます。

2種免許を取得するために必要な費用も会社が負担してくれることが多いです。

また未経験者は、地理が分からない方がほとんどでしょう。

でも地理が分からなくても心配ありません。

わたしも転職するときは、地理がほとんど分かりませんでした。

タクシー会社では入社後の研修があり、地理を勉強できます。初乗務までに、基本的な地理がたたきこまれるわけですね。

とはいえ、タクシードライバーとして身につけなければならない地理の知識は膨大です。

研修期間中に全てをマスターすることはできなかったとしても、道が分らなければお客さまに教えて頂くこともできます。

なので、未経験でもタクシードライバーになれるのですね。

未経験からタクシードライバーへ転職する方法

未経験者がタクシードライバーへ転職するために必要なことは、次の3つです。

  • タクシーでどれだけ稼ぎたいかを明確にする
  • 自分に合った勤務形態を選ぶ
  • タクシー転職サイトからタクシー会社へ応募する

未経験からタクシードライバーに転職して失敗するケースとして避けたいのは、自分に合わないタクシー会社を選んでしまうこと。

タクシー会社によって勤務時間や給料が違うのに、下調べをせずにタクシー会社を決めてしまうことは、とても勿体ないことです。

転職してからこの業界のことが分かり、「もっと自分に合うタクシー会社があったのでは?」と後悔することになりかねません。

特に注意したいのは、入社してから短い期間で辞めてしまうと清算金が発生することがあること。

タクシードライバーとして働くためは2種免許が必要ですが、2種免許を取得するための費用は免除してくれるタクシー会社が多いです。

しかし、2種免許取を取得するための費用を免除する代わりに、例えば「2年間連続して勤務すること」のような条件がついている場合があります。

要するに、タクシードライバーに転職した後で、今の会社よりも自分に合いそうなタクシー会社を見つけたとしても、免除条件の期間が過ぎるまで我慢しながら働くしかない状況になってしまうのです。

この記事を読んでくださっているあなたにはそうなって欲しくないと思います。

自分に合うタクシー会社を見つけて、その会社へ応募するまでの具体的な方法を、これから詳しく解説していきます。

どれだけ稼ぎたいかを明確にする

まずは、自分がどれだけ稼ぎたいかを明確にすることが非常に大切。

なぜかと言うと、タクシードライバーの給料は歩合制が基本になっているからです。

生活していくために必要な収入や、月々の貯金をどれだけしたいかなどを考え、目標年収を明確にしましょう。

例えば、月々に必要な生活費が20万円、貯金したい額が10万円、外食・レジャー代が5万円の場合、目標年収はつぎのとおりです。

20万円(生活費)+10万円(貯金)+5万円(外食・レジャー)=35万円(月収目標)

35万円(月収目標)×12ヶ月=420万円(年収目標)

この場合の年収目標は420万円ということになります。

転職道の求人を見ると、下記のように平均給与がのっています。

目標年収と平均給与を照らし合わせましょう。

この求人の場合、平均給与は353,446円です。

年収に換算すると、 353,446円 ×12ヶ月=4,241,352円

この求人なら、さきほどの年収目標420万円を超えているため、年収目標以上稼げる可能性が高いといえます。

自分に合った勤務形態を選ぶ

目標年収を設定したら次は、どの勤務形態で働くかを考えます。



勤務形態によって、平均給与や勤務時間が変わります。

タクシードライバーの勤務形態の種類は、次のとおり。

勤務形態働く時間帯勤務時間月間の休日
隔日勤務9時~翌5時20時間12~14日
夜勤18時~翌4時10時間6~8日
昼勤7時~17時10時間6~8日
昼夜勤昼勤と夜勤が週ごとに入れ替わる10時間6~8日

ざっくりとですが、こんな感じです。

まずは体のことを考えて、無理なく働ける時間帯の勤務形態を選びましょう。

勤務形態によって、稼ぎやすさが変わります。稼ぎやすい順に並べてみます。

  • 夜勤
  • 隔日勤務
  • 昼夜勤
  • 昼勤


夜勤は、割増し料金がある深夜の時間が長い勤務形態。

夜間の営業は、長距離利用のお客さまで売上げが伸びやすく、稼ぎやすいです。

隔日勤務は、タクシーでは一般的な勤務形態ですが、夜間の時間帯を含むため、夜勤の次に稼ぎやすいと考えます。

1回の乗務時間が20時間程度と長いですが、働いた翌日は、明け番といって必ず休みです。

公休日を含めると月間休日が18日程度と、月の半分以上が休めます。

20時間働いた後の明け番を、休日と呼べるかどうかは、ドライバーによって賛否両論あるのが実際です。

しかし、体さえなれてしまえば、むしろ規則的な生活を送れる。一般的なサラリーマンではなかなか月間18日も休日をとることができないでしょう。

合っている人にとっては、隔日勤務はとても魅力的な働き方だと言えるでしょう。



転職道の求人を見てみると、このように勤務形態がのっています。

この求人では、隔日勤務、昼日勤、夜日勤のなかで選べるということですね。


勤務形態によって、稼ぎやすさの傾向がありますが、平均給与はタクシー会社によって様ざまです。

転職道に登録すると、無料で専門コンサルタントに相談できるので、平均給与を確認しておくことをおすすめします。

しょうた
しょうた

勤務形態ごとのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
隔日勤務休日が多い(月18日前後)。ある程度稼げる勤務時間が20時間くらいと長い
昼勤昼のみの勤務で、生活のリズムが作りやすい他の勤務形態と比べると稼げない
夜勤最も稼ぎやすい完全に夜型の生活。体に合わないと辛い
昼夜勤ある程度稼げる昼勤と夜勤があり、生活のリズムが作りにくい




しょうた
しょうた

タイプ別におすすめな勤務形態は次のとおりです。

タイプ給料の目安おすすめ勤務形態
とにかく稼ぎたい人35~45万円くらい夜勤
プライベートと収入のバランスをとりたい人30~40万円くらい隔日勤務、昼夜勤
収入よりも体が楽なことを優先させたい人25~35万円くらい昼勤

給料の目安は、わたしが勤務している名古屋を基準にしています。

平均給料は、東京では上がり、地方では下がるのが傾向です。

新型コロナによる外出自粛期間中は、平均給料が下がる可能性があります。

どの勤務形態で働きたいか決まったら、次はタクシー会社の求人を見ていきましょう。

タクシー転職サイトからタクシー会社へ応募する

タクシードライバーとして稼ぎたい目標額が定まり、働きたい勤務形態がイメージできたら、次はタクシー転職サイトからタクシー会社へ応募します。

利用するタクシー転職サイトは、「転職道」がおすすめです。



✓ 転職道を利用するメリットは、こんなにあります。

  • 全国の求人を扱っている
  • 豊富な求人の中から選べる
  • 給料や勤務形態など、希望に合った求人が見つけやすい
  • web履歴書で簡単に応募できる
  • 24時間メールで転職相談できる
  • 全てのコンテンツが無料で利用できる
しょうた
しょうた

転職道は、東京や地方の求人も扱っています。

タクシードライバーに転職するなら、転職道に登録しておけば間違いないです。



転職道は、登録なしでタクシー会社へ応募することもできます。

とりあえず、1社に応募してみたい方は登録せずに応募してみてもよいかと。

>>無料で転職道を利用する



タクシー転職サイト「転職道」からタクシー会社へ応募するまでの流れはつぎのとおりです。

  1. 転職道に登録する
  2. web履歴書を入力する
  3. タクシー会社を検索
  4. タクシー会社へ応募する



転職道に登録するときweb履歴書を入力しておけば、複数のタクシー会社へ応募するとき使いまわせるので便利です。

登録しないで応募したいかたは、3.タクシー会社を検索する のステップから進めてください。

転職サイトに登録から、タクシー会社へ応募までの流れ

転職サイト「転職道」への登録、タクシー会社への応募までの流れは次のとおりです。

  1. 転職サイトへ登録する
  2. web履歴書を入力する
  3. タクシー会社を検索
  4. タクシー会社へ応募する
しょうた
しょうた

転職道は、登録せずに応募することもできます。
1社のみ応募する方は、「3.タクシー会社へ応募する」のステップからでも大丈夫です。
複数のタクシー会社に応募したい方は、登録しておくとweb履歴書が使えるので便利ですね。

1.転職サイトへ登録する

転職道のコンテンツは全て無料で利用できます。

わたしも実際に登録していますが、5分くらいで簡単に登録できました。

>>無料で転職道に登録する

上のリンクから転職道サイトへ入ったら、下のような画面が表示されます。

赤丸で囲っている「メニュー」をクリックすると、会員登録のボタンが表示されるのでクリックして情報を入力しましょう。

2.web履歴書を入力する

会員登録の際に、「web履歴書」も一緒に入力します。

ここで入力しておけば、タクシー会社に応募するとき履歴書として使えるので、応募するたび履歴書を作る必要がなくとても便利ですね。

必要事項を入力して「会員登録する」のボタンをクリックすれば登録完了です。

3.タクシー会社を検索する

会員登録後ログインすると、下のようなマイページ画面が表示されます。

赤丸の「メニュー」をクリックして、「求人を探す」をクリックすると、タクシー会社を都道府県や条件別に検索できます。

試しに東京都にして検索してみました。

検索結果の中から気になるタクシー会社をクリックすると、下のように「給料・待遇関係」や「勤務関係」が載っているので、ひと目で給料や勤務形態などが分かります。

赤丸で囲った「応募する」から応募できます。

4.タクシー会社へ応募する

「応募する」をクリックすると、下のような画面になります。

WEB履歴書は、会員登録のときに記入しているので変更したいときは、「WEB履歴書を編集」からできます。

赤丸で囲った「志望動機など」に記入して「ご応募」をクリックすると応募完了です。

採用が決定したあとの流れ

タクシー会社に採用された後は、初乗務にむけて下記のような流れで準備していきます。

  • 自動車学校に通う
  • 2種免許の試験を受ける
  • 会社の研修センターに通う
  • タクシー協会の講習と試験を受ける
  • 同じ会社の先輩ドライバーに横に乗ってもらい、実際にタクシーに乗務する
  • ひとり乗りスタート
  • しょうた
    しょうた

    わたしのときを例に、採用されてから初乗務までの流れをご説明していきましょう。

    自動車学校に通う

    タクシー会社に入社後、2種免許取得にむけて自動車学校に通います。

    わたしのときは、自動学校に通った期間は10日間でした。

    自動車学校に通うための費用はタクシー会社が負担してくれ日給も支給されたため、お金の心配はなかったです。

    大手タクシー会社を中心に、2種免許の費用が免除されることが多いようですね。

    種免許の試験を受ける

    2種免許試験は、自動車学校の教習を修了していたため実技試験は免除。学科試験のみです。

    基本的に学科試験は、自動車学校の模擬試験を復習して解けるようにしておけば合格できるかと。

    たまに落ちる人がいるようですが、ほとんどの人は一発で合格しているようです。

    落ちてしまうと、次回の試験を受けるわけですが、その分タクシー会社の研修が始まるのが遅くなってしまいます。

    新人研修

    新人研修としては、下記の3つに分けられます。

    • 研修センターでの研修
    • 地理試験
    • 営業所に配属後の研修


    営業所がいくつかあるタクシー会社では、研修センターのような研修を専門的に行う部署があることが多いです。

    研修センターでの研修を修了後、地理試験があります。

    地理試験に合格後、それぞれの営業所に配属されて研修があります。

    研修センターでの研修

    研修センターでは、タクシードライバーとして基礎的なことを学びます。

    わたしが研修センターで学んだことは、次のとおりです。

    • 法令
    • 安全運転
    • 機器の操作
    • 接客マナー
    • 地理
    • タクシードライバーとしての心得など


    わたしのときは2週間くらい研修センターに通いました。

    研修センターで学んだことは、いまでも乗務のとき役に立っています。

    地理試験

    地理試験は、営業圏のタクシー協会で行われます。

    試験の内容としては、主要の大通りや交差点、ラウンドマークなどが出題されます。

    大通りの名前や位置関係。2つの大通りが交わった交差点の名前は覚えておく必要があるでしょう。

    わたしのタクシー会社では、研修センターで地理試験の対策をしていたため、特に難しくは感じませんでした。

    営業所に配属後の研修

    無事に地理試験に合格できると、営業所に配属され同乗研修が行われます。

    同乗研修とは、先輩ドライバーと一緒にタクシーに乗って、実践のなかで行われる研修です。

    お客さまを実際にお乗せする機会もあり、実践の中で乗車時の停めかたや、お客さまへの対応方法などを学べます。

    先輩がどのように流しているかや、休憩のしかたなど細かいことも聞けるため、一人で乗務するにあたり不安なことは聞いておきましょう。

    乗務スタート

    同乗研修が終わると、晴れてタクシードライバーとしてデビューです。

    わたしの場合は、乗務スタートから3ヶ月間くらいは、お客さまに道を教えていただくことが多かったですね。

    お客さまから教えてもらった道は、後から必ず復習していました。

    3ヶ月を過ぎたあたりからは、徐々にお客さまに道を教えてもらう回数が減り、乗務を楽しめる余裕もでてきましたね。

    まとめ

    未経験からタクシードライバーへの転職を成功させるためには、自分に合った会社選びをすることが大切です。

    わたしがこれまで5年間タクシードライバーとして働いてきた経験からおすすめする方法としては、次の3ステップです。

    • タクシーでどれだけ稼ぎたいかを明確にする
    • 自分に合った勤務形態を選ぶ
    • タクシー転職サイトからタクシー会社に応募する




    未経験からタクシードライバーへの転職は、タクシー転職サイト「転職道」を利用することをおすすめします。

    わたしが実際に登録してみて「転職道」をおすすめする理由としては、次のとおりです。

    • 全国の求人を扱っている
    • 豊富な求人の中から選べる
    • 給料や勤務形態など、希望に合った求人が見つけやすい
    • web履歴書で簡単に応募できる
    • 24時間メールで転職相談できる
    • 全てのコンテンツが無料で利用できる



    転職道は、タクシー転職サイト最大手。
    利用満足度第1位を獲得しています。

    >>無料で転職道から応募してみる


    タクシードライバーは、未経験者でも始めやすい職業です。

    理由は、タクシードライバーに必要な二種免許をとらせてくれ、地理や運転んなどの研修に力を入れているタクシー会社が増えてきているからです。

    実際にわたし自身も、未経験からタクシードライバーに転職してこれまで5年間続けられています。

    この記事をここまで読まれたあなたは、タクシードライバーをやってみたいと思われているのではないでしょうか?


    いまの気持ちを大切にして、この記事で解説した方法でタクシードライバーへの転職を進めていきましょう。



    -タクシー転職のノウハウ